“プリクラ”で一世を風靡したセガが約20年ぶりに市場へ再参入する。同社のアミューズメント技術を盛り込んだ、他にはない「30fpsの高速動画」でプリントシール機の新しい歴史をつくろうとしている。20年のブランクを埋めたのは社内にいた「元アトラス」の社員だった。

撮影ブースとらくがきブースで構成された新筐体(きょうたい)。プレー料金は400円
撮影ブースとらくがきブースで構成された新筐体(きょうたい)。プレー料金は400円

 “プリクラ”で一世を風靡したセガが20年ぶりに市場へ再参入する。

 1995年に登場した「プリント倶楽部」を発端に、一時は1000億円以上の規模になったプリントシール機市場。今では多くの企業が撤退し、現在はフリュー(東京・渋谷)のほぼ一強状態だが、それでも200億円クラスの市場規模があると見られる。自撮りができるスマホの影響を大きく受けてはいるが、「全身撮影」「ラクガキ」「デカ目」などの様々なトレンドを取り入れながら、プリントシール機の機能は進化を継続。「マイナビティーンズ」が発表した「2019年上半期ティーンが選ぶトレンドランキング」の「モノ部門」では、フリューのプリントシール機「#アオハル」が1位に選ばれるなど、女子中高生を中心とした絶大な支持をいまだに集めている。

1995年に登場した“プリクラ”こと初代「プリント倶楽部」。印刷したシールを貼ったプリクラ手帳など様々なブームを巻き起こした。新型機「fiz」のスマホ用アプリ「プリクラON」にも名前が引き継がれている
1995年に登場した“プリクラ”こと初代「プリント倶楽部」。印刷したシールを貼ったプリクラ手帳など様々なブームを巻き起こした。新型機「fiz」のスマホ用アプリ「プリクラON」にも名前が引き継がれている

 セガの最新プリントシール機「fiz(フィズ)」の最大の武器は、「モーメント」と呼ばれる動画撮影機能。これまでにも動画を撮れるプリントシール機はあったが、多くは一連の撮影の最後に楽しめる“おまけ的要素”だった。しかし、fizでは静止画のシャッター前3秒、もしくはシャッター前後3秒の動画を次々と撮影していく。「しかも顔を加工する“盛り”をキープしたまま、撮影中の自然な姿をあたかも“動くプリクラ”のように記録する」(同社プロダクト研究開発部アートディレクターの宮中沙羅氏)という。撮影した動画はスマホで再生する仕組みだ。

 他社製品の動画はパラパラ漫画のようなぎこちない動きのものが多いが、fizは「30コマ/秒」のスムーズな動きを実現。顔や肌をレタッチしつつ、テレビのような滑らかな動きに処理するには相応の技術が必要だが、そこを支えたのが「セガが持つプログラマーの層の厚さと、様々なアミューズメントコンテンツを手掛ける技術力」(宮中氏)だという。他にも大型モニターの5台同時稼働や専用ペンだけでなく指でもタッチできるラクガキ機能、スマホをシールにかざすと写真が動き出す「ARプリクラ」など最新のテクノロジーをふんだんに導入。約20年ぶりに市場参入するセガの“本気度”が見え隠れする印象だ。

fizの撮影ブースには23.8型のディスプレーが2枚設置されている
fizの撮影ブースには23.8型のディスプレーが2枚設置されている
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>