※日経トレンディ 2020年2月号の記事を再構成

「ジョージア」など有名コーヒーブランドを抱える大手飲料メーカーの異例の挑戦が始まった。日本コカ・コーラが初の「家電」を2019年12月6日に発売。カプセル式コーヒーメーカー「&Drip(アンドドリップ)コーヒー/ティーメーカー DR01」は、コンビニコーヒーのような「手軽さ」と、喫茶店のような「味」の両立を家庭でも追求する。

コカ・コーラ初の家電 コーヒーメーカーでハンドドリップの味(画像)
日本コカ・コーラ「&Drip(アンドドリップ)コーヒー/ティーメーカー DR01」
【家電】
●実勢価格/1万5180円(税込み)
●サイズ・重さ/幅約18×高さ約28.5×奥行き約21cm・約3.6kg
●水タンク容量/約600mL
●消費電力/1250w
●使用環境温度/10~40℃
●発売日/2019年12月6日

 同社の調査によれば、日本人の8割以上がドリップコーヒーを好んで飲み、エスプレッソ派は少数のコーヒー愛好家に限られるという。そこで、「の」の字を描きながら湯を注いでコーヒーをいれるハンドドリップ式を再現すべく、側面に溝が入ったフィルター付きのカプセルを採用。湯が渦を巻きながら均等に行き渡るという。実際に飲んでみると、苦みや酸味が強過ぎることもなく、万人に好まれそうな味わいだった。

 マシン自体の操作はシンプルで、コーヒーの抽出や抽出後の内部の洗浄は、ボタンを1つ押すだけ。いれたての本格コーヒーが1分ほどですぐ飲める。水タンクの代わりにペットボトルをそのまま使うことができ、タンクに水を入れたり洗ったりする手間も省ける。

 カプセル式といえばエスプレッソ方式のネスレが定着しているが、価格を抑えつつハンドドリップの味を目指したのが同製品。より手軽にコーヒーを楽しみたい人を狙い、すみ分けを図る。

カプセルは12個入り740円(税別)。側面の溝でハンドドリップの技を再現
カプセルは12個入り740円(税別)。側面の溝でハンドドリップの技を再現
カフェラテ用もある。ダージリンティーも2月に発売予定
カフェラテ用もある。ダージリンティーも2月に発売予定
カプセルをセット。カフェラテの場合は、コーヒー、ミルクの順に抽出する
カプセルをセット。カフェラテの場合は、コーヒー、ミルクの順に抽出する
水タンクの代わりにペットボトルをそのまま使える
水タンクの代わりにペットボトルをそのまま使える
抽出し終えるとギター音が響く
抽出し終えるとギター音が響く
ヒット予報
コカ・コーラ初の家電 コーヒーメーカーでハンドドリップの味(画像)
カプセルの価格は1つ60円程度で、本体価格も抑えめ。本体価格が約2万円、1カプセルが75円以上するネスレの一部上位機種よりは手が届きやすい。ドリップコーヒーに着目した点も新しく、コーヒーマニア以外への周知が鍵

全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する