※日経トレンディ 2020年2月号の記事を再構成

ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン市場に“期待の新人”が登場。中国ファーウェイは、首位を独走する米アップルの「AirPods Pro」に対し、低価格を武器に「FreeBuds 3」を発売した。

AirPods Proの牙城を崩すか ノイキャン対応オープン型イヤホン(画像)
HUAWEI「FreeBuds 3」
【デジタル】
●実勢価格/2万680円(税込み)
●サイズ/幅20.4×高さ41.5×奥行き17.8mm(イヤホン単体)、幅60.9×高さ60.9×奥行き21.8mm(充電ケース)
●重さ/約4.5g(イヤホン単体)、約48g(充電ケース)
●充電時間/約1時間(充電ケースに入れた状態)
●再生時間/約4時間(イヤホン単体)
●発売日/2019年11月29日

 最大の特徴は、オープン型とアクティブノイズキャンセリングを両立した点だ。外部音に合わせて最大15㏈の音量を打ち消すとうたうが、カナル型のように中高音域の遮音性が高くないため、ある程度の外部音も聞き取れる。カナル型の圧迫感が苦手な人に向く。

 実際に試したところ、ノイズキャンセリング機能の強度は控えめな印象を受けた。車道脇や地下鉄内の雑音は低減されたが、他人の声などもかなり打ち消すAirPods Proには及ばない。Androidのみ、アプリを使えばノイズキャンセリング機能の効き具合を調整できるが、差を覆すほどではなかった。

 一方で、電波干渉による音飛びは少なかった。独自のチップセット「HUAWEI KirinA1」によって音が途切れることが少ないという。通勤電車などの人混みでは活躍しそうだ。

 価格は税込みで約2万円と、先行しているソニーやアップルの製品に比べて安い。14mmダイナミックドライバーを搭載し低音に強いのも魅力。防水非対応といった低価格故の弱点もあるが、オープン型を望むなら現状では唯一の選択肢だ。

外部音を取り込むマイクを設置
外部音を取り込むマイクを設置
オープン型のため装着時の圧迫感が少ない。側面のタップで再生など操作できる
オープン型のため装着時の圧迫感が少ない。側面のタップで再生など操作できる
バッテリーにもなる収納ケースを使えば約20時間の使用が可能
バッテリーにもなる収納ケースを使えば約20時間の使用が可能
Androidのみ、操作やノイズキャンセリングをアプリから調整できる
Androidのみ、操作やノイズキャンセリングをアプリから調整できる
ヒット予報
AirPods Proの牙城を崩すか ノイキャン対応オープン型イヤホン(画像)
ノイズキャンセリングとオープン型を両立した唯一無二のポジションを築いており、ユーザーの需要をつかみそう。価格面の優位性も大きいが、ノイズキャンセリングの実力や防水性などAirPods Proに劣る面もある

(写真/fort)


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する