※日経トレンディ 2020年2月号の記事を再構成

ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン市場に“期待の新人”が登場。中国ファーウェイは、首位を独走する米アップルの「AirPods Pro」に対し、低価格を武器に「FreeBuds 3」を発売した。

AirPods Proの牙城を崩すか ノイキャン対応オープン型イヤホン(画像)
HUAWEI「FreeBuds 3」
【デジタル】
●実勢価格/2万680円(税込み)
●サイズ/幅20.4×高さ41.5×奥行き17.8mm(イヤホン単体)、幅60.9×高さ60.9×奥行き21.8mm(充電ケース)
●重さ/約4.5g(イヤホン単体)、約48g(充電ケース)
●充電時間/約1時間(充電ケースに入れた状態)
●再生時間/約4時間(イヤホン単体)
●発売日/2019年11月29日

 最大の特徴は、オープン型とアクティブノイズキャンセリングを両立した点だ。外部音に合わせて最大15㏈の音量を打ち消すとうたうが、カナル型のように中高音域の遮音性が高くないため、ある程度の外部音も聞き取れる。カナル型の圧迫感が苦手な人に向く。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>