※日経トレンディ 2020年2月号の記事を再構成

韓国サムスン、中国ファーウェイ、米アップルに次いで世界4位のスマホメーカーである中国シャオミ(Xiaomi、小米科技)が、カメラ機能を突き詰めた高コスパスマホ「Mi Note 10」で日本市場に参入した。

1億画素超など5カメラを搭載 コスパ抜群のスマホが上陸(画像)
Xiaomi「Mi Note 10」
【デジタル】
●実勢価格/5万2800円(税別)
●本体サイズ・重さ/幅74.2×高さ157.8×厚さ9.67mm・208g
●プロセッサー/Snapdragon 730G
●画面/6.47型有機EL(2340×1080ドット)
●RAM/6GB
●ストレージ/128GB
●発売日/2019年12月16日

 「写真好きの若者がターゲット」(シャオミ)と言う通り、最大の特徴は撮影機能。光学0.6〜5倍と様々な倍率の4つのカメラとマクロカメラを搭載し、接写から広角の風景撮影、人物や動物に向く中望遠撮影まで幅広い用途に対応できる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>