※日経トレンディ 2019年10月号の記事を再構成

飼い主の留守中にペットの遊び相手になる。愛犬家から支持を集め、クラウドファンディングサイト「Makuake」での調達額が目標の約28倍に到達。新機軸のロボット家電「VARRAM PET FITNESS」(バレム・ジャパン)の一般発売が始まった。

留守中の犬や猫の遊び相手になる 新機軸ロボット家電(画像)
バレム・ジャパン「VARRAM PET FITNESS」
【家電】
●実勢価格/1万6800円(税別)
●サイズ・重さ/幅16.5×高さ10.3×奥行き12.7cm・500g
●持続時間/連続自立走行4時間以上、待機モード4日
●材質/プラスチック、シリコーン
●発売日/2019年8月5日

 Bluetoothで本体とスマホを接続し、専用アプリで操作する仕組み。作動時間などをアプリでセットしておくと、本体が自動で起動。回転したり、左右に首を振ったりして、ペットの遊び相手になる。セットしたボーロなどが本体から飛び出し、おやつを与えられる機能は、時間や量の調節まで可能。ロボット掃除機のように障害物を避けたり、ペットの活動量を計測し、どれだけ遊んだかを確認できる機能も備える。手動操作にすると、スマホに表示されるスティックやボタンで動きを操作でき、ボタンだとタップ一つで180度回転など16以上の動きをさせられる。

操作は手動と自動の2種類。手動時はスマホに表示されるスティックボタンで操作し(左画面)、自動時は作動時間などをセットすると動く(右画面)
操作は手動と自動の2種類。手動時はスマホに表示されるスティックボタンで操作し(左画面)、自動時は作動時間などをセットすると動く(右画面)
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>