※日経トレンディ 2019年8月号の記事を再構成

スマホやパソコンなどをつながずに単体で使えるVRゴーグルとしては、2万円台と格安なことで人気を集めた「Oculus Go」。その発売から約1年かけて大幅な機能向上を果たした上位機「Oculus Quest」が発売された。

仮想空間を動き回れるVRゴーグル 両手を使うゲームも快適(画像)
Facebook Technologies「Oculus Quest」
【デジタル】
●実勢価格/4万9800円(税込み)
●サイズ・重さ/幅193×高さ105×奥行き222mm・571g
●解像度/左右各1440×1600ドット
●プロセッサー/Snapdragon 835
●ストレージ/64GB
●発売日/2019年5月21日

 Oculus Questの最大の強化ポイントは、人間の首の傾きだけでなく、前後左右への移動や、立つ・座るといった上下の動きにも対応したこと。ゲームなどのアプリ内で、VR空間の中を自由に歩き回れる。画面の画素数も約2割増えて、PlayStation VRなど他社のVR専用ゴーグルと比べてもトップクラスの画質になった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する