※日経トレンディ 2019年5月号の記事を再構成

世界最大の楽器メーカーであるヤマハが、楽譜が読めない初心者でも練習せずに“弾ける”鍵盤楽器を開発した。「SHS-500」は、3オクターブ強の音域があるショルダーキーボード。ピアノやギターなど、30種類の音色を出せる。

楽譜が読めなくても必ず“弾ける”自動演奏キーボード(画像)
ヤマハ「sonogenic『SHS-500』」
【楽器】
●実勢価格/2万9800円(税別)
●サイズ・重さ/幅821×高さ65×奥行き121mm・1.5kg(電池別)
●鍵盤/37鍵
●最大同時発音数/48
●音色数/30
●無線機能/Bluetooth 4.0
●発売日/2019年3月5日

 最大の特徴は、適当に鍵盤を押しても、スマホで再生中の音楽に合った音を自動で出せるJAM機能。まず弾きたい曲をiPhoneのiTunesなどに保存し、同社の「Chord Tracker(コードトラッカー)」アプリで開く。すると曲のコード進行をアプリが自動で分析。検知したコード情報はキーボードにブルートゥース経由で転送されるので、どのキーを押しても自動的に曲のコードに合った音が出てくる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>