※日経トレンディ 2019年3月号の記事を再構成

青汁を中心とした健康食品の製造を行うミナト製薬が、新ジャンルのカロリー補給食品「ライスピュレ」を発売した。

日本人の口に合うカロリー補給食 カギは米由来の新食品素材(画像)
ミナト製薬「ライスピュレ」
【食品】
●実勢価格/1袋220円(税別)
●カロリー/110kcal
●原材料/デキストリン、砂糖、パラチノース、米、蜂蜜、還元水あめ、寒天、濃縮リンゴ果汁、酸味料、香料、着色料(紅花黄)、酸化防止剤
●発売日/2019年2月3日

 原料に採用されたのは、米と水だけで作られた新食品素材の「ライスジュレ」だ。農業機械を販売するヤンマーのグループ会社・ヤンマーアグリイノベーションが、「米の付加価値向上と農家の安定的な収益の確保」(同社)を掲げ、2017年12月に商品化。料理のつなぎやグルテンフリーのお好み焼きに使えたり、優れた保水性によってパンをしっとりさせられたりと、活用法はさまざま。増粘剤代わりにも利用できる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>