※日経トレンディ 2018年12月号の記事を再構成

ハンガーに掛けた衣類にスチームを当てるだけで、シワやニオイが取れる衣類スチーマー。東芝ホームテクノが業界初のコードレスタイプを発売した。

業界初、コードレスで使いやすい衣類スチーマー(画像)
東芝ホームテクノ「La・Coo S TAS-X4」
【家電】
●実勢価格/1万4900円(税込み)
●サイズ・重さ/幅約7.1×高さ約13.7×奥行き約17.9cm・約0.71kg(コード付時約0.86kg)
●スチーム量/シャワースチーム:最大約12ml/分、スチーム:最大約9ml/分
●タンク容量/約65ml
●かけ面温度設定/3段階:高(約200℃)、中(約160℃)、低(約120℃)
●発売日/11月中旬

 電力供給なしでスチームを放出する新機構を開発し、コードレス化を実現した。スチーム量は2段階で、最大約12ml/分。約15ml/分の同社のコード付きタイプより少ないが、実際にシワの付いたシャツに当ててみると、シワはほぼ取れた。コートや毛布など厚手のものでなければ、十分といえそうだ。

 連続使用時間は、スチーム量約9ml/分の場合で約1分30秒。シャツ表裏で1着分程度だが、僅か約30秒の給電で再び約1分30秒使える。1人分の衣類ならストレスは少ない。付属のコードを使えば、タンクの水が切れるまで約7分使い続けられるのも便利だ。

約700gはコード付きの従来品とほぼ同じで、重さはさほど気にならない。アイロン代わりにも使える
約700gはコード付きの従来品とほぼ同じで、重さはさほど気にならない。アイロン代わりにも使える
コードは着脱式。コードレスだと約1分30秒のところ、コード付きなら約7分間連続使用できる
コードは着脱式。コードレスだと約1分30秒のところ、コード付きなら約7分間連続使用できる
ヒット予報
業界初、コードレスで使いやすい衣類スチーマー(画像)
同社によれば、2017年の衣類スチーマー市場の販売台数は約64万台で、4年間で約10倍以上に増加しているという。連続使用時間こそ短いが、コードレスの利便性は衣類スチーマーの利用シーンと相性抜群。期待値は高い

(写真/fort)