掃除で取り切れないハウスダスト(アレル物質)を“無力化”するとうたうスプレータイプの抑制剤「アレリア シールドミスト」がサンスターから発売された。

カーペットなどの“残留ハウスダスト”を無力化するスプレー(画像)
サンスター「アレリア シールドミスト」
【日用品】
●実勢価格/1500円(税別)
●内容量/290ml
●成分/エタノール、ハウスダスト無力化成分(ガロタンニン、フェノール系高分子)、ハウスダスト凝集成分、サトウキビ由来消臭成分、除菌剤、pH調整剤、香料(ユーカリの香り)
●発売日/9月5日

 アレルギー疾患に対する治療や予防には、室内のハウスダストを取り除く「環境整備」が欠かせない。そこで、毛足が長く掃除しにくい、カーペットやソファなどの“残留ハウスダスト”に着目。日本アレルギー学会のガイドラインに沿った同社の調査では、カーペットの場合、6回の掃除機がけを行っても33%ものハウスダストの残留が確認された。「取り切ることは不可能。ソファや寝具などの布製品は、掃除の“仕上げ”として、抑制剤が必要になる」(サンスター)と商品投入の狙いを語る。

カーペットなどの布製品に向く。ダニのフンなど計11種類のアレル物質を不活性化するという
カーペットなどの布製品に向く。ダニのフンなど計11種類のアレル物質を不活性化するという

 最大の特徴は、さまざまなアレル物質を不活性化する成分「ガロタンニン」だ。植物由来のタンニン酸で、ポリフェノールの一種。これを、従来ハウスダスト対策に使われてきた化学物質のフェノール系高分子と配合し、不活性化の効果を高めた。猫の毛や、杉やヒノキの花粉など日本の居住環境に多い11種類のアレル物質を不活性化する作用があるとうたう。

 ガロタンニンを採用した理由はまだある。人体に対する安全性が高く、寝具やソファなど布製品への着色も起こりにくいという。また、ハウスダスト凝集成分も含んでおり、アレル物質の舞い上がりを防ぐ効果もある。

カーペットの掃除を掃除機で6回行っても、ハウスダストは3割以上も残る
カーペットの掃除を掃除機で6回行っても、ハウスダストは3割以上も残る
ガロタンニンという新成分と従来使われてきたフェノール系高分子を配合
ガロタンニンという新成分と従来使われてきたフェノール系高分子を配合
ヒット予報
カーペットなどの“残留ハウスダスト”を無力化するスプレー(画像)
日用品のハウスダスト関連市場は5年で約2割伸びており、市場は好調。しかし、似たコンセプトの商品もあるなか、価格や性能の差別化に課題が残る。「ガロタンニン」のメリットを訴求できるかがヒットのカギを握る

(写真/fort)