※日経トレンディ 2018年10月号の記事を再構成

機能性を売りにした、知る人ぞ知る新アパレルブランドが本格デビューだ。建設現場などに向けた作業服の専門店を全国に825店展開するワークマンが9月5日、一般向けカジュアルウエアの新業態「ワークマンプラス」をオープンした。場所は、ららぽーと立川立飛(東京都立川市)だ。

激安の機能性ウエアを武器に、作業服大手が一般市場進出(画像)
ワークマン「WORKMAN Plus」
【施設】
●所在地/東京都立川市泉町935−1 ららぽーと立川立飛3階
●営業時間/10〜21時

 実は既存のワークマン店舗では、一般客の比率がすでに2割程度に達している。機能性が高い割に低価格な点に注目が集まっていたためだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>