※日経トレンディ 2018年10月号の記事を再構成

出張や旅行など、荷物が多いときに重宝するキャスター付きのキャリーバッグ。人とぶつかるなどのトラブル回避を考慮した商品が発売された。

「キャリーバッグらしからぬイメージを目指し、横持ちにも対応するボストンバッグ風のデザインにした」(はるやま商事)
「キャリーバッグらしからぬイメージを目指し、横持ちにも対応するボストンバッグ風のデザインにした」(はるやま商事)
はるやま商事「XROSCASE」
【バッグ】
●実勢価格/3万6000円(税別)
●サイズ・重さ/縦56×横41×高さ18cm・3.5kg
●容量/44.5ℓ
●材質/ナイロン・レザー(表面)、ポリエステル(内面)
●カラー/ブラック、ネービー、カーキ、レッド

 キャリーバッグの携行はトラブルも少なくなく、駅や空港などで注意を促すポスターやアナウンスも増えている。トラブルを生む大きな原因は、背中より後ろにあるバッグを引っ張るスタイルで、持ち主の視界から外れてしまう点。また、持ち手を伸ばして引きずることが多く、バッグが持ち主と離れた位置にあることも、他人とぶつかりやすい要因だ。