※日経トレンディ 2018年9月号の記事を再構成

映画館でVR映画を上映する。そんな新事業が、VAIO、東映、アニメ制作会社クラフターの3社共同で始まった。すでに7月に先行上映が行われ、反響を分析したうえで、早ければ秋にも第2弾が上映される可能性もある。

映画館で高品質なVRを楽しむ 既存の劇場にも低コストで導入(画像)
ワイヤレスでスペックの高いゴーグル
ワイヤレスでスペックの高いゴーグル
VAIO、東映、クラフター「VRCC」
【施設】
※以下、VRゴーグルのスペック
●画面解像度/2800×1600ドット
●リフレッシュレート/90Hz
●最大同時接続台数/60台

 VRゴーグルは視聴場所を選ばないのに、あえて映画館で行う狙いは何か。クラフターの古田彰一社長は「高品質なVR映像に気軽に触れる機会が必要」と説明する。

クラフター 古田社長
クラフター 古田社長
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>