「肩掛けスピーカー」が、音楽を楽しむ新たな選択肢として浮上してきた。ソニーが昨年発売した、テレビの音声を聞く肩掛けスピーカー「SRS-WS1」がこの3月以降に人気に。それとまるで時期を合わせたかのような3月末、BOSEが「SoundWear Companion speaker」を発売した。

イヤホンとスピーカーの中間を狙う「肩掛けスピーカー」(画像)
BOSE「SoundWear Companion speaker」
【デジタル】
●実勢価格/3万4650円(税込み)
●サイズ・重さ/幅24×高さ5×奥行き19cm・260g
●バッテリー持続時間/約12時間
●充電端子/Micro-B USB
肩に掛けてワイヤレスで使用。スマホへの着信時はこれで通話もできる。Googleなどの音声アシスタント機能も使えるがボタン操作が必要
肩に掛けてワイヤレスで使用。スマホへの着信時はこれで通話もできる。Googleなどの音声アシスタント機能も使えるがボタン操作が必要

 BOSEの製品はBluetoothスピーカーで、スマホや携帯プレーヤーの音楽を聴くためのものだ。「ヘッドホンやイヤホンだと周囲の音が聞こえず、据え置き型スピーカーは使う場所が限定される。その中間が作れないかと企画した」とボーズ・プロダクトマネジメント部の大久保淳部長は語る。自宅でいつでも音楽を楽しみつつ、家族に呼ばれた際には反応したい、といったニーズを想定しているという。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>