消費を生む原動力として、急増する共働き世帯へ熱視線が注がれている。それを象徴する尖った時短グッズが、ライオンの台所用品ブランド「リード」から発売された。