16年に全都道府県への出店を掲げた「タニタ食堂」が曲がり角を迎えている。出店ペースが低下し、秋田店の閉店など成長に陰りが見える――。そんな状況を打ち破る起死回生の一手が新業態「タニタカフェ」だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>