16年に全都道府県への出店を掲げた「タニタ食堂」が曲がり角を迎えている。出店ペースが低下し、秋田店の閉店など成長に陰りが見える――。そんな状況を打ち破る起死回生の一手が新業態「タニタカフェ」だ。