※日経ソフトウエア 2017年8月号の記事を再構成

注目を集めるディープラーニングとは何か──プログラミングおよびソフトウエア開発の専門誌「日経ソフトウエア」が、初心者向けに分かりやすく解説する特集の第3回。生物の脳の神経回路(ニューロン)の仕組みを簡略化して、コンピュータで実現した「パーセプトロン」を学ぶ

 パーセプトロンを使って、モモとブドウを見分けてみる。先ほどの「モモとブドウの特徴」を覚えているだろうか。モモの特徴は、「ピンク色で、丸くて、おいしい果物」という特徴だった。「青くて、丸い粒がたくさんあって、甘くておいしい果物」がブドウの特徴だった。

 コンピュータにモモとブドウの「画像」を入力して認識させる場合、認識させるものは画像なので、使えるのは「色」と「形」の2種類の情報だ。味の情報は使えない。つまり、「ピンク色なのか青色なのか」という色の情報と、「丸いものがいくつ写っているか」という形の情報を用いることになる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>