※NIKKEI DESIGN 2018年5月号の記事を再構成

ライバル商品の中で顧客が最も買いたくなるパッケージデザインはどれかを探る調査特集。今回は、最近注目を集めている「防臭系柔軟剤」。P&G「レノア 本格消臭」、花王「ハミング Fine」、ライオン「ソフラン プレミアム消臭プラス」(リニューアル前と後)のパッケージデザインを取り上げる。消費者、デザイナー、マーケター500人が選んだデザインは?

※調査の概要はこちら

花柄デザインの旧「ソフラン」が男女共に根強い人気(画像)

 柔軟剤市場の中で、最近注目を集めている分野が防臭系柔軟剤だ。柔軟剤といえば、香りを付けることを重視した商品が多いが、防臭系柔軟剤では悪臭や異臭を消すことを狙っている。

 今回の調査対象は、P&G「レノア 本格防臭」(A)、花王「ハミング Fine」(B)の他、2018年3月にパッケージを大幅にリニューアルしたライオン「ソフラン プレミアム消臭プラス」(C)を取り上げた。さらにリニューアル前のライオン「ソフラン プレミアム消臭プラス」(D)も加え、リニューアル前後のパッケージも比較してみた。

 「これまでのソフラン プレミアム消臭プラスでは柑橘系や花柄をパッケージにあしらうなど、防臭効果をうたっているものの、やはり香りのイメージを強く打ち出していた。リニューアル後は花柄の部分を抑え、防臭効果を強調するようにデザインした」とライオンの松田徳巳クリエイティブ・デザイン室パッケージデザインチームリーダーは話す。

 各社の防臭系柔軟剤のパッケージを見ると、花柄のデザインを前面に押し出した香り系柔軟剤のパッケージとは大きく異なり、花柄の部分は抑え気味で、ロゴや文字を打ち出したデザインが多い。今回の調査期間は同年3月で、ソフランプレミアム消臭プラスの新旧パッケージの入れ替わり時期に当たっているが、それがどんな違いを生み出すか。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する