※NIKKEI DESIGN 2018年5月号の記事を再構成

ライバル商品の中で顧客が最も買いたくなるパッケージデザインはどれかを探る調査特集。今回は人気の「レトルトパスタソース」。日本製粉「REGALO カルボナーラの原点」、エスビー食品「予約でいっぱいの店のカルボナーラ」、日清フーズ「青の洞窟 2種のチーズのカルボナーラ」のパッケージデザインを取り上げる。消費者、デザイナー、マーケター500人が選んだデザインは?

※調査の概要はこちら

あえて冷たい色を使った「青の洞窟」が、おしゃれで高級感も高い(画像)

 短時間で調理ができ、しっかりと1食分の食事を取れるパスタソースは、麺に絡めるだけの手軽な簡易パウチから、ファミリー向けの大容量の缶詰まで、さまざまなタイプの商品がそろっている。中でも、本格的なレストランの味を手軽に楽しめる箱入りのレトルトパウチ商品は、比較的単価が高く、パッケージの面積も大きいので、各社ともパッケージによる商品イメージ、ブランド訴求に力を入れている。今回は数あるパスタソースの中から、このタイプの商品を調査対象とした。

 調査対象は、日本製粉「REGALO カルボナーラの原点」(A)、エスビー食品「予約でいっぱいの店のカルボナーラ」(B)、日清フーズ「青の洞窟 2種のチーズのカルボナーラ」(C)の3商品。各社共通で発売しているカルボナーラに統一して比較した。このうち、Bのエスビー食品「予約でいっぱいの店」は2001年、Cの日清フーズ「青の洞窟」は1995年発売のロングセラーブランドだが、Aの日本製粉「REGALO」は、2017年に家庭用として投入された新ブランドだ。

 これら3商品の中で、消費者、デザイナー、マーケター500人から圧倒的な支持を得たパッケージは?

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する