米フェイスブックによる個人情報の不正流出問題を追った「緊急特集Facebook つまずいた巨人」の連動企画。FacebookやInstagramを情報発信プラットフォームとして利活用している企業への影響、規制強化の可能性などについてハウステンボス取締役CTO(最高技術責任者)富田直美氏、ソニーミュージックレーベルズEPICレコードジャパン部長の梶望氏などに聞いた。

悪意ある利活用には規制もやむなし ソニーミュージック・梶氏(画像)

 「緊急特集Facebook つまずいた巨人」では、意外に冷静だった米国市民の反応や世界各国のパーソナルデータなどの法規制に詳しい弁護士の意見、さらにソーシャルメディアを消費者とのコミュニケーションツールとして活用している企業への影響などについてまとめた。

 ではこの問題について日本ではどう受け止められたのか。今後、どのように展開していきそうか。日経クロストレンドの“ご意見番”である「アドバイザリーボード」の方々に聞いた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>