「データ分析を進めようにも我が社には適切なデータがない。うちの会社はグーグルやアマゾンなどのビッグデータ企業とは違うのでしょうがない」「我が社にはデータサイエンティストがいないので、データがあっても加工ができない」

 ビッグデータのプロジェクトを進める担当者が必ずぶち当たる壁であり、こうした言い訳もよく聞かれる。しかしそうだろうか。無償や有償で入手できるデータが増え、センサーやIoT、人工知能(AI)などのテクノロジーが発展した今、工夫次第で新たなデータを作り出すことができる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>