「ボイス経済圏の未来」特集の第11回は、市場を席巻するアマゾンの企業文化に迫る。アマゾンの強さの秘密は、社員全員がリーダーシップを取れる人材であると言われている。アマゾンジャパン人事部ジャパンコーポレートの上田セシリア・ディレクターに、考えを徹底させる秘訣を聞いた。

アマゾンジャパン人事部ジャパンコーポレートディレクター 上田セシリア氏
アマゾンジャパン人事部ジャパンコーポレートディレクター 上田セシリア氏

 「アマゾンでは、社員1人ひとりがリーダーとみなされており、共通点は顧客中心主義、つまり顧客にフォーカスしていることだ。アマゾンにおけるリーダーとは何か、それは『リーダーシップ14カ条』に定義されている」(アマゾンジャパン人事部ジャパンコーポレートの上田セシリア・ディレクター)。

 英語でOUR LEADERSHIP PRINCIPLESと表記されているリーダーシップに関する定義は、創業期から存在していた。常に見直されて現状では14カ条になっている。以下がその全項目だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>