「C CHANNEL」を運営するC Channelで活躍するキーパーソンが女性心理をデータで読み解く新連載の第1回。今回はEC(電子商取引)サイト「C CHANNEL Shopping」を率いる矢部秀卓EC事業部部長が“今旬”なヒット商品を分析する。

 「C CHANNEL」は「女子の知りたいを1分で解決する」をコンセプトとした女性向け動画メディアだ。2015年4月にサービスを開始し、ヘアスタイル、メイク、ネイル、料理レシピ、ファッションなどのハウツー動画を毎日配信している。

 既に、全世界のSNSファン数は2200万人に到達し、月間動画再生数は全世界で6億を超え、女性向けでは国内最大級のメディアに成長している。

 私が担当する「C CHANNEL Shopping」は当社初のEC(電子商取引)事業として2016年12月にスタート。月間訪問ユーザーは現在はおよそ15万人。「動画×人」というコンセプトを掲げ、女性が元気になるような、生活を彩るような商品を届けるべく日々、運営を強化している。

2017年夏・秋「C CHANNEL」で売れた商品は?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
図1 ユーザーの年齢構成

 このC CHANNEL Shoppingは現在、プロモーション費用をほとんど使っておらず、C CHANNELのメディア力のみで集客している。C CHANNELのアプリ、Webサイト、「Facebook」「Twitter」の公式アカウントでの動画配信などから、流入してくるユーザーが大半だ。その9割は女性で、年齢構成は18~24歳が23.9%、25~34歳が40.4%、35~44歳が24.1%、45~54歳が9.6%でF1層が60%以上である(図1)。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>