自らチャネルシフトを起こすために、どのような視点でチャネルを設計すれば良いのか。単にチャネルをオンからオフへ、オフからオンへと移行させることに価値はない。顧客視点に立ち、提供する購買体験を思い描き、その実現のために自社が強みを持つチャネルを組み合わせることが求められる。

 そのためのフレームを、ここで図示しておく(下図)。これは筆者・奥谷が提唱してきた顧客時間を軸とし、オンラインとオフラインの双方のチャネルによって、購買体験をデザインするためのフレームである。買い物における時間と空間によって、どのような購買体験をつくるのかを俯瞰して描けるようにしている。いわば、顧客時間のフレームワークの新バージョンだ。

購買体験をデザインする(上)(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
顧客時間を軸とし、オンラインとオフラインの双方のチャネルによって、購買体験をデザインするためのフレーム

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>