インドネシアでも、タクシー広告やバス広告は存在する。UbiklanとKartaは、デジタルプラットフォームを活用して、機動的にプロモーションを実施できること、そして露出状況をトラッキングできることが売りとなっている。クラウドソーシング型のビジネスモデルであるため、コスト効率に優れる点もアピールし、広告主の裾野を広げようとしている。メディアとなるドライバーにとっては、通勤や通学、移動時間を利用して小遣い稼ぎができる。Kartaのライダーに対する売り文句は「Kartaでガソリン代を稼げる」である。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>