全3回
様々な産業や業務で予測を活用する動きが広がっている。利用できるデータの種類や量が増え、支援ツールやサービスの選択肢も増えている。
  • 第1回
    2018.02.10
    来客数予測を食材発注やスタッフ配置に生かす伊勢の食堂
    様々な産業や業務で予測を活用する動きが広がっている。利用できるデータの種類や量が増え、支援ツールやサービスの選択肢も増えている。データや画像処理による来客数予測に取り組む三重県伊勢市のゑびやの事例を見ていく。
  • 第2回
    2018.02.10
    IoTで予測用のデータ取得が容易に、社内に眠るビッグデータも活用できる
    様々な産業や業務で予測を活用する動きが広がっている。利用できるデータの種類や量が増え、支援ツールやサービスの選択肢も増えている。特集「ビッグデータ予測3.0」から連載第2回目として、IoTで取得したデータを活用する、ヤフー、ボッシュ、OKI、社内に蓄積したデータを予測に活用する住信SBIネット銀行などの事例を紹介していく。
  • 第3回
    2018.02.10
    予測結果の説明も可能に、コンペサイトは7000人が登録
    様々な産業や業務で予測を活用する動きが広がっている。ビッグデータによる予測がなぜそうなったのか、説明が可能なサービスも増えてきている。また、予測したい対象のデータを広く公開し、コンペ形式で競い合うサービスも活用が進んでいる。

関連特集・連載

D2Cの正体
全8回
始動「5G」 見えてきたビジネス革命
全11回
データビジネス最前線
全7回
正しく伝える「美グラフ」の作法
全7回