全3回
企業にとって目に見えない資産ともいえる大切な「ブランド」。これを新たに再生したり、さらに強化したりしようとする「リブランディング」を推進している企業が相次いでいる。
  • 第1回
    2018.05.01
    商品を変えるのではなく、社員の意識を変える
    ある老舗企業では2代目になった若手社長が、リブランディングを計画していた。ライバルと差異化することで業績を回復させ、さらにネット時代の方向性を示すため、今までとは異なる企業の新しい姿勢を示そうとした。
  • 第2回
    2018.05.14
    JINS:赤字転落や売上低迷を乗り越え、“安売り店”から脱却
    2001年に誕生した「JINS」は、田中仁・代表が「日本で3万円する眼鏡を、韓国では3000円で売っている」ことにビジネスチャンスを見出し、立ち上げた眼鏡ブランドだ。
  • 第3回
    2018.05.16
    セイコーウオッチ:日本のものづくりをアピールし、海外展開加速
    携帯電話機やスマートフォンが普及し、腕時計を必要とする場面は減っている。中国メーカーは、安価な腕時計を販売し、アップルなどは通信機能を備えたスマートウオッチを展開する。腕時計メーカーは、こうした新勢力に対して独自性を打ち出せなければ、近い将来存続できなくなるかもしれない。

関連特集・連載

2019年下半期 食品ブレイク予測
全3回
次のトレンドが分かる! 解説&まとめ
【PR】日経 xTREND FORUM 2019
日経クロストレンド EXPO 2019