バーチャルリアリティ(virtual reality)は日本語で「仮想現実」と訳されている例が多い。コンピューターで作った仮想的な映像を、ユーザーの五感を含む感覚を刺激することで、あたかも本当の映像のように見せる技術である。