VR(仮想現実)を活用すれば、どこでも体験型のショールームになる──そんな事例の1つが、メルセデス・ベンツ日本が東京の代官山・蔦屋書店で展開した「クルマを置かないバーチャルショールーム」だ。