流行の発信源となっているZ世代で、2022年にはやったものは何か? 今回は、月200人のZ世代と接するSHIBUYA109 lab.所長の長田麻衣氏が、「SHIBUYA109 lab.トレンド大賞2022」を解説しつつ、そこから見えてきたZ世代の新しい消費行動やトレンドの広がり方について分析していく。キーワードは「界隈(かいわい)」?

SHIBUYA109 lab.が発表した「SHIBUYA109 lab.トレンド大賞2022」。SHIBUYA109 lab.独自ネットワークに所属するaround20(15~24歳)564人の女性を対象に実施したWebアンケートによって選定している。22年にZ世代で流行ったものとは?
SHIBUYA109 lab.が発表した「SHIBUYA109 lab.トレンド大賞2022」。SHIBUYA109 lab.独自ネットワークに所属するaround20(15~24歳)564人の女性を対象に実施したWebアンケートによって選定している。2022年にZ世代ではやったものとは?

 2022年である今年も、SHIBUYA109 lab.が毎年発表している「SHIBUYA109 lab.トレンド大賞2022」を公開しました。15~24歳のZ世代564人へのアンケート調査を基に、「今年Z世代ではやったもの」をお届けしています。

 各トレンドの細かい説明は、SHIBUYA109 lab.のサイトにて紹介していますが、今回は、トレンドから、Z世代の消費価値観をより深く理解するためのポイントをお伝えすると共に、現代のトレンドの広がり方について解説していきます。

▼関連リンク(クリックで別ページへ) 【SHIBUYA109 lab.】SHIBUYA109 lab.トレンド大賞2022

2022のトレンドキーワードはこの3つ!

 今回、出てきたトレンドを見ると、大きく3つのキーワードが見えてきました。それが、

「復活!お出かけ消費」「自分を知る消費」
「界隈(かいわい)消費」

です。

 まず注目したいのが、トレンドの中に“お出かけ”に関連するものが増えてきたことです。

 改めて昨年21年のトレンドを振り返ってみると、「コスメ・スキンケア部門」ではスキンケア関連のアイテムのランクインが目立っていました。また、「体験部門」では「ホテル女子会・ホカンス(ホテルとバカンスを組み合わせた造語。ホテルの滞在を楽しむバカンス)」といった、少人数でクローズドな場所で遊ぶ様子が見られました。

 さらに、「ヲタ活部門」でも、推しの名前を飾る「推しグラス」や韓国発の「センイルケーキ(誕生日ケーキ)」などといった、自宅での創作ヲタ活に関連するものが多くランクインしており、「ライブに行けないからこそ、おうちで推しへの愛を形にしよう!」という活動が見られました。

21年にランクインしたホカンス
21年にランクインしたホカンス
推しグラス(左)やセンイルケーキ(右)もヲタ活として注目
推しグラス(左)やセンイルケーキ(右)もヲタ活として注目

 それに対して、22年は多くの部門で“お出かけ”に付随するトレンドが生まれています。例えば、「ファッション部門」の「スマホショルダー」は、少ない荷物でお出かけしたいZ世代に重宝されました。「コスメ・スキンケア部門」のトップは「純欲メイク」(編集部注:あどけないかわいさと大人っぽさを兼ね備えたメイク)となり、スキンケアアイテムよりも外行きを意識したコスメアイテムのランクインが多く見られました。

外出用としてスマホショルダー(左)が人気に。お出かけが増えた22年には、コスメ・スキンケアよりもメークの話題が増えた。右はランクインした「純欲メイク」
外出用としてスマホショルダー(左)が人気に。お出かけが増えた22年には、コスメ・スキンケアよりもメークの話題が増えた。右はランクインした「純欲メイク」

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
27
この記事をいいね!する