世代や地域によって、興味を持つお出かけ先に違いはあるのか。ヤフーの検索データを基にデータアナリストが調べてみると、東京ディズニーリゾートやユニバーサル・スタジオ・ジャパンの強さと共に、その陰に隠れた注目スポットの存在が見えてきた。果たして、トレンドに敏感なZ世代注目のスポットとはどこか。

若者が行きたい施設はどこなのかを、検索データから調査(画像/Schutterstock)
若者が行きたい施設はどこなのかを、検索データから調査(画像/Schutterstock)

 皆さんは、休日のお出かけ先として真っ先に思い浮かぶ施設はどこでしょうか。時期はもちろん、居住場所や年齢などによっても変わってくると思います。

 ビジネスのうえでは、意識すべき競合やコラボ先の検討においても同様に、自社にとって適切な切り口で現状を理解することが重要になってきます。今回はヤフーの検索データを用いて、性別や年代など各属性における「お出かけ先」検索にどのような差が見られるかについて分析していきたいと思います。

 「お出かけ先」キーワードの選定には、ヤフー社内の判定ロジックを用いて「レジャー・遊び」「建物・施設」の2カテゴリーに属すると判定されたものを対象にしました。また、ディズニーランド(TDL)/ディズニーシー(TDS)などは「ディズニー*」、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン/USJなどは「ユニバーサルスタジオジャパン*」としてまとめています。また、「道の駅」は複数の施設の総称ですが、傾向をつかむためにあえて入れてあります。

Z世代男性のみ、USJがTDL/TDSを上回る

 まずは性年代別による検索されるお出かけ先の違いを見てみましょう。

性年代別のお出かけスポット検索人数ランキング(22年1-7月)
性年代別のお出かけスポット検索人数ランキング(22年1-7月) 出所:ヤフー
出所:ヤフー

 ディズニー、ユニバーサルスタジオジャパンが男性56-65歳を除き、トップ2にきており、強さが分かります。特にディズニーは26歳以上では男女共にトップとなり、16-25歳のみユニバーサルスタジオジャパンが1位にきていました。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
24
この記事をいいね!する