Z世代の興味関心やインサイトを見つけるための実践術を、Z世代マーケティングを手掛けるFinT(フィント、東京・目黒)代表の大槻祐依氏が語る記事の後編。今回は、大槻氏が実際に社内で行っているZ世代の興味関心を探る具体的な手法を明らかにしていく。

Z世代より少しだけ先輩のFinT代表、大槻祐依氏がZ世代の興味関心の見つけ方について、自信の経験を基に解説。今回はその後編
Z世代より少しだけ先輩のFinT代表、大槻祐依氏がZ世代の興味関心の見つけ方について、自信の経験を基に解説。今回はその後編
▼前編はこちら Z世代のインサイトを探り出す実践法とは その聞き方は間違い?

 前編では、Z世代を知るためにはZ世代との直接的な会話が必要であることや、そのために必要なコミュニケーション方法を解説しました。また、インサイトを発見するためには、SNSを使い分けながら彼ら・彼女らの興味関心をキャッチしていくことが非常に重要であることも説明しました。

 今回は、それらを踏まえた上で、実際にFinTで実践しているインサイト発見方法について、事例を交えながら解説していきます。

まずは、SNSのトレンドを基に仮説を立てる

 FinTでZ世代のインサイトを把握する際に必ず行うことは、SNS上のトレンドからインサイトの仮説立てを行い、それに対してZ世代メンバーに直接フィードバックをもらう、ということです。

 具体的にどのように行っているのか、以前ご紹介した、ショールーム化された寒色トーンの「塩系インテリア」のトレンドを例にご説明します。

▼関連記事 Z世代の新潮流「塩系インテリア」って何? 部屋はあえて見せる

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
17
この記事をいいね!する