たまごっち復権? ちびTシャツ再び? 新たなトレンドを次々と生み出すZ世代。消費にも大きな影響を及ぼし始めている。そんなZ世代が2022年の下半期に向けて気になっているものは何か――。Z世代を研究するZ総研のトレンド分析担当が、アンケートと現役Z世代のヒアリングから迫った。

2022年6月、Z世代を研究するZ総研が「2022年上半期トレンドランキング」を発表(上画像、調査結果の一部を掲載)。N.D.Promotion(東京・渋谷)が運営するメディア「Nom de plume(ノンデプルーム)」の読者であり、トレンドに敏感なZ世代女子を中心としたZ総研のリアルZ世代コミュニティー所属のメンバーへ調査(調査概要:22年5月1~8日にインターネットで調査。有効回答数は、26歳以下の女性1139人。複数回答式)やヒアリングを基に選定した
2022年6月、Z世代を研究するZ総研が「2022年上半期トレンドランキング」を発表(上画像、調査結果の一部を掲載)。N.D.Promotion(東京・渋谷)が運営するメディア「Nom de plume(ノンデプルーム)」の読者であり、トレンドに敏感なZ世代女子を中心としたZ総研のリアルZ世代コミュニティー所属のメンバーへ調査(調査概要:22年5月1~8日にインターネットで調査。有効回答数は、26歳以下の女性1139人。複数回答式)やヒアリングを基に選定した

 私たちZ総研は、Z世代の間で流行したものやことを調査する「Z世代が選ぶトレンドランキング」の2022年上半期版を公開いたしました。それと同時に、22年下半期に流行が期待される「ネクストトレンド予想」も発表。今回は、予想から一部のキーワードをご紹介していきます。

「ネクストトレンド予想」がこちら。上半期トレンドランキングの調査に加え、Nom de plume公式Instagram(@nomde_official)フォロワー(12万人を対象)にストーリーズにてアンケートを実施。回答があったものの中からピックアップして選定した
「ネクストトレンド予想」がこちら。上半期トレンドランキングの調査に加え、Nom de plume公式Instagram(@nomde_official)フォロワー(12万人を対象)にストーリーズにてアンケートを実施。回答があったものの中からピックアップして選定した

たまごっちブーム再来!?

 1996年と2004年を中心に大流行したバンダイの大人気商品の一つ「たまごっち」が、今再び注目されているようです。最近は、小学生時代にたまごっちに熱狂した大人向けの商品が続々と登場しており、「鬼滅の刃」やBTSキャラクター「TinyTAN」とコラボしたたまごっちも注目を集めています。

 その中でも話題なのが「たまごっちスマート」。従来のたまごっちとは違い、腕に着けられるスマートウオッチ型になっています。ご飯をあげたり、定期的にかまってあげたりしないといけない、少し面倒な部分に愛着を持つ人が多いようです。メインターゲットは小学生であるものの、幼少期の懐かしさから再度たまごっちの虜(とりこ)になるZ世代も目立ちます。

たまごっちの画像を投稿するZ世代も
たまごっちの画像を投稿するZ世代も

「韓国コスメ」の次は「中国コスメ」が来る?

 「rom&nd」や「CLIO」など、手ごろな価格でありながらも高発色でクオリティーが高いことから、韓国コスメはZ世代の間で根強い人気を誇っています。そんな中、中国コスメブランド「FOCALLURE(フーカルーア)」が注目を集めています。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
18
この記事をいいね!する