トヨタ自動車が新型バッテリー電気自動車(EV)、「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」を2022年5月12日に発売する。30年にバッテリーEVのグローバル販売台数で年間350万台を目指すトヨタにとって、本気のEV戦略が始まる。個人向けはサブスクリプション(定額課金)サービス「KINTO」専売とするなど、EVビジネスの難しさもうかがわせる。だが、日本ならではの生きる道もある。自動車ジャーナリストの小沢コージ氏が分析する。

2022年5月12日に発売されるトヨタ自動車のバッテリー電気自動車「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」。法人向けはリース販売、個人向けはトヨタのサブスクリプション(定額課金)サービス、KINTO専売となる(写真はプロトタイプ、以下同)
2022年5月12日に発売されるトヨタ自動車のバッテリー電気自動車「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」。法人向けはリース販売、個人向けはトヨタのサブスクリプション(定額課金)サービス、KINTO専売となる(写真はプロトタイプ、以下同)

初のバッテリーEVは慎重な台数設定

 トヨタが造る初のバッテリー電気自動車(EV)の専用車、新型「bZ4X」の具体的な価格や販売体制が明らかになった。今までのトヨタのEVと違い、「e-TNGA」なるバッテリーEV専用プラットフォームで造られている。

 当初「2022年央販売予定」とされていた発売時期は、2022年5月12日に前倒しされ、価格は600万円スタート。法人向けはリース販売、個人向けはトヨタ自慢のサブスプリクション(定額課金)サービスのKINTO専売になることも発表された ▼関連記事:なぜトヨタは新型EVをサブスクで売るのか 鍵を握るZ世代の開拓

 ここからEVビジネスの難しさとトヨタのEVに対する根本的なスタンスが見て取れる。

 覚えている人も多いと思うが、21年末、トヨタは「バッテリーEV戦略に関する説明会」を開いた。豊田章男社長自ら「私たちは30年にバッテリーEVのグローバル販売台数で年間350万台を目指します。レクサスは30年までにすべてのカテゴリーでバッテリーEVのフルラインアップを実現し、欧州、北米、中国でバッテリーEV100%、グローバルで100万台の販売を目指します」と断言したのだ。

 それまでのEV普及目標は燃料電池車(FCV)と合わせて30年までに200万台だったから、約8割増という大幅なスピードアップだ。それだけに、トヨタの“本気EV第1弾”ともいえるbZ4Xに期待していた人も多かったはずだ。

 かくいう小沢も、国内だけで年間数万台レベルの販売目標を掲げると思っていた。価格帯こそ違うが、あの日産自動車の「リーフ」も一時は国内年間5万台前後を売り切っていたのだ。

 しかし初年度の目標生産・販売台数は年間5000台と、ぶっちゃけ昨年度、国内乗用車販売ランキングで50位だったレクサス「UX250X」の年間8200台よりも少なく、消極的な目標といわざるを得ない。しかし、その理由も価格を見ればよく分かる。FFモデルで600万円、4WDモデルで650万円。22年度(令和3年度)中は、国からのCEV(クリーンエネルギー自動車)導入促進補助金で満額の85万円を受け取れるが、それでも500万円は軽く超えてしまうだろう。

ガソリン車と価格帯や性能で比べると

 他の売れ筋モデルと比べてみよう。21年に一番売れた小型車、トヨタ「ヤリス」は140万円弱スタートと非常に手ごろだ。bZ4Xとほぼ同サイズのSUV(多目的スポーツ車)「ハリアー」もガソリンモデルが299万円スタート、ハイブリッドモデルが358万円スタートとこれまたお手ごろ。ここだけ見るとEV好きか、バッテリーEVに大きな社会的意義を見いだしている人以外はなかなか買わないかもしれない。

bZ4Xのサイズは全長4690×全幅1860×全高1650(アンテナ)ミリメートル、ホイールベースは2850ミリメートル
bZ4Xのサイズは全長4690×全幅1860×全高1650(アンテナ)ミリメートル、ホイールベースは2850ミリメートル

 先日テストコースで乗ったbZ4Xプロトタイプを思い出してみた。見た目はトヨタ「RAV4」にほどよくハイテク感を加えたテイスト。マッチョで鋭いエッジ感を持つフォルムに、ハンマーヘッドと呼ばれるLEDライトと未来的な無塗装樹脂プロテクターが加わっている。

 一番の売りは見た目を裏切る居住スペースとラゲッジスペースの広さ。エンジンがない分、スペースユーティリティーは素晴らしい。ホイールベースにしても、旧型クラウン並みに長い2850ミリメートル。

室内高は「ノーマル/ソーラールーフ仕様」が1160ミリメートル、パノラマムーンルーフ仕様が1145ミリメートル。ラゲッジスペースには、ゴルフバッグ3個が収納可能という
室内高は「ノーマル/ソーラールーフ仕様」が1160ミリメートル、パノラマムーンルーフ仕様が1145ミリメートル。ラゲッジスペースには、ゴルフバッグ3個が収納可能という

 おかげで身長176センチメートルの小沢が、フロントに人が座ったシート位置であっても後席に余裕で座れ、ヒザ前にこぶしが3つも入る。トランク容量も約441リットル(VDA法)と大きく、サイドがえぐれているのでゴルフバッグのような長尺物も真横に入れられる。

 運動性能だが、FFモデルのパワー&トルクが150kWと266Nmで、4WDモデルが160kWと338Nm。EVとしては特別力強くないが、後者の時速0-100キロメートル加速は7.7秒とそれなりだ。体感してみると、ガソリン車とはモノが違うことがはっきり分かる。アクセルを踏んでから発進するまでのレスポンスが格段に早く、加速も伸びが素晴らしい。無駄な振動と音が一切ないので、移動空間としての質は確かに高い。

 一方、気になっていた航続距離はFFが559キロメートル、4WDが540キロメートル(WLTPモード)と、同ジャンルのEVとしては上々だ。ところがほぼ同サイズのハリアーハイブリッドのWLTCモード燃費は22.3キロメートル/リットルで、55リットルの燃料タンクを持つから1200キロメートルも走れる計算になる。申し訳ないが、ハリアーのほうが安心だ。

 考え方は様々だが、単純にEVとガソリン車を比べると、やはりバッテリーEVのほうが割高に感じる。何だかんだでEVバイアスが少ない日本では、ガソリン車やガソリンハイブリッドのほうが買いやすいだろう。

KINTO専売で、下取り価格の不安解消

 欧米中ではバッテリーEVに対する補助金額が多い上、充電環境が急速に整ってきているし、EVに対する社会的な見方が違う。フランスのパリや北米カリフォルニアの一部、あるいは中国では光化学スモッグなど、環境破壊が身近な社会問題化している。

 日本でもEVシフトが叫ばれているが、今回のbZ4Xの価格設定や販売の規模感を見ると、トヨタは状況を冷静に見ているように感じる。日本において今500万円以上のEVはそこまで台数が出ないだろうと。

 また、非常に興味深かったのが売り方だ。個人オーナー向けはトヨタKINTOの専売となる。KINTOは19年に導入された自動車利用の新サービスで、個人登録ができない代わりに初期費用を不要とし、車両本体価格に加え、自動車保険や自動車税、メンテナンス料など諸費用込みの月額定額料金とするシステム。所有から利用へという大きな流れだ。

 今回、新型bZ4XをKINTOのみで扱う最大のメリットは、「EVとしてスマホ感覚で使ってもらえるから」ではない。下取り価格の不安解消だ。EVはモノによっては車載電池の性能劣化が激しく、7年落ちで実質下取り価格ゼロという状態もあり得る。これは日産の初代リーフで発覚した根源的問題点だ。

 bZ4XのKINTO月額価格は、同程度のハリアーハイブリッドの3年プランが月額6万円程度なので、7万~8万円程度になるのではないかと読んでいた。しかし5月2日に発表されたのは月々8万8220円からという価格。予想通りと言えば予想通りだが、別途申込金77万円を必要とすることや、CEV補助金前提でこの金額ということを考えると正直思っていたより高い。

 しかもそこにはbZ4Xならではの自信もある。一見、航続距離や価格面で競合に対する絶対的アドバンテージを持っていないような同車だが、実はバッテリーがすごい。それは71.4kWhという容量ではなく、安全性であり、耐久性だ。

 国内向けはセルをトヨタとパナソニックが共同出資するプライムプラネット エナジー&ソリューションズ(PPES)で製造すると同時に、バッテリー全体を温度・電圧・電流の3要素で綿密に管理し、特に電圧はセルごとでも管理するという。結果、発火リスクを極限まで抑え、同時に10年で9割程度の性能維持が期待できるという。だからこそKINTOで長期間、定額で価値を提供することが可能になるのだ。

 一見地味だが、この点こそがトヨタの本気EV、bZ4Xの最大の強みだと小沢は考える。綿密な独自管理システムにより、発火を防ぐと同時に劣化も防ぐ。

 実はEVビジネスの最大リスクは電池からの出火であり、事故だ。どんなに走行性能が高くても、事故が続くとブランド価値は一気に地に落ちる。その点トヨタはもちろん日本メーカーは数多くのハイブリッド車を発売していながら、大きな出火事故を起こしてない。

 残念ながら今のところ日本製EVは、ガソリン車ほどの良品・廉価アドバンテージを発揮できていない。ぶっちゃけ北米ブランド、韓国ブランドに比べて「高性能で安い!」というイメージをまだ獲得できてないのだ。だが、安全安心であることはほぼ間違いない。それを武器に、日本はもちろんのこと世界に打って出ることはできる。その特長を生かせる売り方の1つが、KINTOなのだと思っている。

あえてKINTOのみで扱い、下取り価格の不安を解消する
あえてKINTOのみで扱い、下取り価格の不安を解消する

(写真撮影/小沢コージ)

11
この記事をいいね!する