新型コロナウイルス禍が長引き、日常となったマスク生活。顔の一部が隠れている時間を美容に充てようと、歯科矯正や美容整形に取り組む人が増えている。「マスクの下でこっそり行われている美容」トレンドをいち早く捉え、利用を拡大させているのが、マウスピース歯科矯正サービスを提供するOh my teeth(東京・渋谷)と、美容医療口コミ・予約アプリを運営するトリビュー(東京・渋谷)だ。

マスクで気づかれない間に矯正ができると、マウスピース型矯正の利用が急増している(画像/Shutterstock)
マスクで気づかれない間に矯正ができると、マウスピース型矯正の利用が急増している(画像/Shutterstock)
[画像のクリックで拡大表示]

従来価格の3分の1。自宅でできる新時代のリモート矯正

 「マスク生活で歯科矯正に取り組む人が増えている」。そう語るのは、Oh my teethの西野誠代表取締役CEO(最高経営責任者)だ。

 新型コロナウイルスの感染拡大前から、歯科矯正に興味がある人は一定数いた。しかし、以前は移動に対する制約がなかったこともあり、お金を費やすなら手間がかかる歯科矯正よりも旅行やレジャーの方がよいと、歯科矯正は後回しにされることも多かった。また、歯にワイヤを装着して人前に出る恥ずかしさもハードルの一つとなっていただろう。

 それがこのコロナ禍において旅行はできず、またマスクで口元が隠れるため「今がチャンスと言わんばかりに歯科矯正をするユーザーが増えている」と西野氏は言う。

 Oh my teethは、初期検査として最低1回通院するだけで、その後は自宅で歯科矯正できるというサービス。現状の歯型を3Dスキャンし、LINEに届く矯正シミュレーションに納得し、契約したら自宅にオーダーメードのマウスピース矯正キットが届く仕組みだ。2019年10月に開始している。

 従来、歯科矯正は矯正器具のメンテナンスなどにより、2~4週間ごとの通院が必要だった。しかし、Oh my teethはLINEを使った歯科医と患者の1to1コミュニケーションを実現することで、通院不要の仕組みを構築。一般的に100万円ほどかかることも珍しくない歯科矯正だが、Oh my teethは、3分の1ほどの約3カ月33万円(税込み)からで実施可能なこともあり、ユーザーを引きつけている。低価格を実現できるのは、オンライン診療による人件費などのコスト削減と、矯正範囲を笑ったときに見える前歯に特化しているからだ。

Oh my teethはLINEで継続的に医師と患者がコミュニケーションをとることで、患者の解約を防ぐ
Oh my teethはLINEで継続的に医師と患者がコミュニケーションをとることで、患者の解約を防ぐ
[画像のクリックで拡大表示]

マスク、オンライン会議……「気づかれない」が利用増へつながる

 「新型コロナの流行以前に比べて、利用者数は2倍、売り上げは4倍を超えている」(西野氏)と人気ぶりがうかがえる。

 利用者が増加している背景には、前述した価格面での優位性に加え、コロナ禍ならではの2つ理由があるようだ。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。