2022年からBOATRACE振興会の新CMシリーズが放映されている。ボートレーサーの認知向上とイメージアップを目的に、新人レーサーがプロの世界で奮闘しながら成長していく姿を描いた。公営競技のボートレースで、新規のファンを獲得するため制作陣は何を意識したのか。

2022年から放映中のBOATRACE振興会の新CMシリーズ(写真は1月8日に行われたCM記者発表会)
2022年から放映中のBOATRACE振興会の新CMシリーズ(写真は1月8日に行われたCM記者発表会)

2人の新人レーサーを1年かけて追う

 2022年1月8日から、BOATRACE振興会の新CMシリーズ「アイアム ア ボートレーサー」の第1話が放映され、2月16日から第2話が公開された。同CMはSNS上で大きな話題を呼んでいる。

 BOATRACE振興会の公式ツイッター上でCM動画を公開したところ、過去最大級となる7000件以上のいいねを獲得した(22年1月28日時点)。公営競技(競馬、競輪、ボートレース、オートレース)といえば、「中年の娯楽」「ギャンブル」「手が出しづらい」といった、どちらかというと閉鎖的なイメージが先行しがちだ。そうした中、CMでは若手レーサーの爽やかで青春感のある物語を描いたことが新鮮に映り、大きな反響を集めた。

 22年のCMシリーズは、神尾楓珠(CM内での役名はカミオ)と芋生悠(ハルカ)演じる2人の新人ボートレーサーが、プロの世界で奮闘する姿を描いている。シリーズは計12話で構成され、22年の1年間を通して、2人の成長を追いかけていく。カミオとハルカが訓練所に入所してから卒業するまでを追った、21年シリーズ「Splash ボートレーサーになりたい!」の続編に位置づけられている。

神尾楓珠演じるカミオ(左)と、芋生悠演じるハルカ(右)
神尾楓珠演じるカミオ(左)と、芋生悠演じるハルカ(右)

 22年シリーズ第1弾の30秒版CMは、ボートレーサー訓練所を卒業したばかりのカミオとハルカが、プロとして第一歩を踏み出すシーンから始まる。ボートレース場で2人が期待を膨らませる中、癖の強そうな先輩レーサー3人が登場。ボートレース界の絶対王者を演じる中村獅童(シドウ)、元モデルで現在はボートレース界の女王として君臨する土屋アンナ(アンナ)、自称プリンセスのムードメーカー的な立ち位置のゆりやんレトリィバァ(ユリ)と、新キャラクター3人の設定を大まかに伝えている。

22年新シリーズ「アイアム ア ボートレーサー」第1話の30秒版

 一通りキャラクター紹介が終わると、カミオとハルカの2人が、シドウ、アンナ、ユリの3人と対峙するカットに移る。新人レーサーの2人が、これからプロの世界で戦っていく緊迫感を演出しつつ、ボートレースが行われている映像に切り替わる。実際にボートが疾走する映像を用いて、スピード感や迫力を視聴者に感じてもらう。レース映像の途中でシドウが「アイアム ア ボートレーサー」と叫ぶインサートが入り、CMのコンセプトを訴求する形で幕を閉じる。

 22年2月16日の第2話では、カミオが「(真剣勝負に)性別もルック(見た目)も関係ない。実力ですよね」とクールにほほえみながら、アンナとユリの2人に挑戦状をたたきつける。本格的にプロの世界で戦っていく様子を描いた。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
4
この記事をいいね!する