2022年秋、愛・地球博記念公園(愛知県)に「ジブリパーク」がオープンする。スタジオジブリの映画の登場人物や生き物と触れ合えるかと思いきや、そうした着ぐるみのキャラクターなどはパーク内に一切登場しないという。その他にも、過去の公園施設のリノベーションや来場者を密にしない日時指定予約など、数多くの新たな試みを採用する見込み。ニューノーマル時代における新しいテーマパークの姿が見えてきそうだ。

 うっそうとした森を散歩するとまるでトトロがいるような気配を感じる。さらに歩みを進めると、開けた草原の先にハウルの城が見えてきた――。そんなスタジオジブリの映画作品の世界に入り込んだかのようなテーマパークが愛知県に登場する。

 愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園で建設が進む「ジブリパーク」は、5つのエリアで構成されるテーマパークだ。第1期に当たる22年秋の開業時にオープンするのはそのうちの3つ。まず、公園北にある東部丘陵線(リニモ)の愛・地球博記念公園駅近くにできるのは、映画『耳をすませば』や『猫の恩返し』の世界をイメージした「青春の丘エリア」。公園南側の森には、『となりのトトロ』の田園風景を再現した「どんどこ森エリア」。そして、公園の中心には、スタジオジブリの大小様々な資料などを展示・収蔵し、子供の遊び場などを設置した「ジブリの大倉庫エリア」が完成する。

ジブリパークの全体マップ。愛・地球博記念公園の広大な敷地内に5つのエリアが整備される。©Studio Ghibli
ジブリパークの全体マップ。愛・地球博記念公園の広大な敷地内に5つのエリアが整備される。©Studio Ghibli

 23年度には、『もののけ姫』の里山的風景をイメージした「もののけの里エリア」と、『魔女の宅急便』や『ハウルの動く城』などの作品にあった庭園や城が配置される「魔女の谷エリア」も完成し、全面オープンとなる予定。愛知県では、22年秋の3エリア開園時に年間約100万人、23年度のグランドオープン時に年間約180万人の来場者数を予想している。

 世界的にも評価が高い日本のアニメーションスタジオ「スタジオジブリ」。テーマパークの開業1年前を記念して21年7月に名古屋市で行われた「ジブリの大博覧会」には20万人超が来場するなど、期待度は相当に高い。だが、ジブリパークは数々の新たな試みを取り入れ、従来の“テーマパーク”の概念を根底から覆す存在になりそうだ

 特徴の1つがパーク内を動き回るキャラクターがいないことだ。既存のテーマパークでは着ぐるみのキャラクターがエントランスで来場者を出迎えたり、パーク内でパレードしながら踊ったりする光景が当たり前だ。好きなキャラクターと握手したり記念撮影をしたりして触れ合うことはテーマパークならではの楽しみ方でもあるが、「ジブリパークでは、キャラクターが踊ったり、話したりという演出はない」とジブリパークプロデューサーの岡村徹也氏は言い切る。映画に出てきたものをモチーフにしたオブジェや小物はあるが、動いて愛嬌(あいきょう)をふりまくキャラクターはいないという。

魔女の谷エリアに設置される予定の「ハウルの城」の模型。『魔女の宅急便』の主人公キキの実家である「オキノ邸」も配置される。©Studio Ghibli
魔女の谷エリアに設置される予定の「ハウルの城」の模型。『魔女の宅急便』の主人公キキの実家である「オキノ邸」も配置される。©Studio Ghibli

 着ぐるみのキャラクターを使わずに来場者にジブリ作品の雰囲気をどうやって感じてもらうのか。そこで出てくる2つ目の特徴が「リアリティーの追求」だ。例えば、パーク内にある施設「サツキとメイの家」は、『となりのトトロ』の舞台でもある昭和30年代の暮らしを忠実に再現したもの。実際に材木などを使い、職人が当時の手法で建築した本物の家だ。さらに家の中にある家具やかまど、五右衛門風呂もすべて本物。タンスの引き出しにはサツキやメイが着たであろう服も入っている。岡村氏は「徹底的に再現されたジブリの世界で、映画のキャラクターがまさにそこに生きているかのような雰囲気を感じてほしい」と語る。ハリボテではない“本物感”が刺激となり、記憶にある映画体験から浮かび上がってくるキャラクターは、着ぐるみよりもリアルなものになりそうだ。

「サツキとメイの家」は、愛・地球博(愛知万博)から一般公開が始まった人気施設。ジブリパークでは「どんどこ森エリア」の中心となる。©Studio Ghibli
「サツキとメイの家」は、愛・地球博(愛知万博)から一般公開が始まった人気施設。ジブリパークでは「どんどこ森エリア」の中心となる。©Studio Ghibli

 3つ目の特徴が、テーマパークでありながら“公園施設”でもあること。愛・地球博記念公園にある既存の施設や土地の高低をそのまま生かし、園内の自然と調和するように設計されている。他の大型テーマパークのように全エリアを柵で囲い、現実世界と遮断することはしない。東京ドーム約40個分の広大な愛・地球博記念公園の中に、有料や無料のジブリパーク施設が点在する形だ。

 ジブリパークの監督を務める宮崎吾朗氏は映画監督でもあるが、もともとは大学の森林工学科で学び、卒業後は建築コンサルタントとして公園緑地や都市緑化などの計画や設計にも携わっていた。そうしたノウハウや知識を生かし、これまで愛・地球博記念公園に親しんできた人たちにも配慮した「多様な利用者が楽しめる公園づくり」を目指す。

日時指定の予約制を検討

 気になる入場料金はどうか。国内の人気テーマパークのチケット料金は値上げを続けているが、ジブリパークは公園の一施設であることから、なるべく来場者の負担にならない料金を考えているという。まだ検討段階ではあるが、例えば人気施設になりそうなジブリの大倉庫は“映画1本分程度の入場料金”を基本として考えたいと岡村氏は話す。その他の施設や小さな遊具なども1000円程度の価格帯設定を予定している。「極端に言えば、施設の長期修繕積立金などのランニングコストを賄えれば十分で、入場料金で大きな利益を追い求めることは考えていない」(岡村氏)。多くの人を集め、得た収益で新しいアトラクションを投入し、パークをさらに拡張するといったサイクルを回す従来のテーマパークとは一線を画す印象だ。

 22年秋の第1期開業時には多くの人を集めそうだが、入場者をあえて制限することも検討している。「例えばジブリの大倉庫は1日当たり9000人程度のキャパシティーを持った施設だが、実際にはその半分程度の入場者数に制限しようと考えている。新型コロナウイルス感染症で人数制限を行うのではなく、『混雑していて楽しめなかった』と感じる人を一人でも減らし、100年も200年も長く愛される施設にしたい」(岡村氏)。東京都三鷹市にある「三鷹の森ジブリ美術館」のように日時指定の予約制などを検討しているが、開業後しばらくは激しい予約合戦が繰り広げられそうだ。

営業を終了した屋内型温水プールの建物を活用した「ジブリの大倉庫」。展示室や映像展示室、子供の遊び場などが整備される。©Studio Ghibli
営業を終了した屋内型温水プールの建物を活用した「ジブリの大倉庫」。展示室や映像展示室、子供の遊び場などが整備される。©Studio Ghibli

ジブリパークが愛知県にできた理由

 温泉宿や森など“ジブリの聖地”と呼ばれる場所は全国各地にあるが、なぜ愛知県がジブリパークの場所として選ばれたのか。岡村氏は、いくつかの候補地のなかからジブリパークを作ることができるのは愛・地球博記念公園しかなかったと話す。「私たちはジブリパークを公園事業として捉え、整備していく姿勢にこだわっている。大きなテーマパークづくりは大規模開発を伴うが、自然を借景にしたり、その入口として公園という場を選ぶとなると、木を倒し、山を削って土地を開発しなければならなくなる。ただ、そうした開発ありきのテーマパークづくりは避けたいと思っていた」(岡村氏)

 一方で、愛・地球博記念公園は万博後の有効的な利活用が課題になっており、元々人の手が入り続けることで緑豊かな景色を保ってきた場であることに注目。そこで愛・地球博記念公園にそのまま残されていたパビリオンの跡地や施設を有効活用すれば、自然になるべく負荷をかけない形でジブリパークを作れると考えたという。公園の自然や建物を徹底的に調査し、作る段階からゴミを減らす、あるいは出さないということを貫いている。

『もののけ姫』のタタラ場をモチーフにした建物などが整備される「もののけの里エリア」。©Studio Ghibli
『もののけ姫』のタタラ場をモチーフにした建物などが整備される「もののけの里エリア」。©Studio Ghibli

 例えばジブリの大倉庫は、施設の老朽化により18年に営業を終了した巨大な屋内型温水プールをリニューアルしたもの。様々な展示物や街並み、『借りぐらしのアリエッティ』に登場する庭や『天空の城ラピュタ』の庭園などを天候に左右されずに楽しめる施設になる予定だ。青春の丘エリアでも既存のエレベーター施設を改修し、『天空の城ラピュタ』や『ハウルの動く城』などに出てくる19世紀末の空想科学的要素を取り入れたデザインで、新たに「エレベーター塔」としてに変わる予定。新規のテーマパークでありながらも、公園にあった過去の施設や設備などを有効活用するリノベーション的な発想で作られているのだ。

 ジブリパークには大型ホテルなどの宿泊施設は計画していないが、「グランピングなど、ジブリの世界観を壊さないような宿泊施設の設置は面白いかもしれない」と岡村氏は語る。また、近接都市である名古屋市にオフィシャルホテルを作ることを将来構想として持っているという。さらに22年春には東宝が映画『千と千尋の神隠し』原作の舞台を創立90年記念作品として上演するなど、ジブリ作品の公演の人気が高まっている。そうした声に応えられるよう、劇場などの周辺施設の開業も視野に入れているという。

 ハリボテではない本物志向で自然環境に優しく、過去の施設を再利用する。さらに公園という開けた場所で来場者を密にしない、全く新しいスタイルのテーマパーク。自然や文化の持続を目指す“サステナブル”なジブリパークは、消費一辺倒だったテーマパークのイメージを大きく変える存在になるかもしれない。

愛・地球博記念公園駅に最も近い「青春の丘エリア」。『耳をすませば』の「地球屋」などが配置される予定。既存のエレベーター等も改装して利用する。©Studio Ghibli
愛・地球博記念公園駅に最も近い「青春の丘エリア」。『耳をすませば』の「地球屋」などが配置される予定。既存のエレベーター等も改装して利用する。©Studio Ghibli
37
この記事をいいね!する