コロナ禍でZ世代のTikTokトレンドにも変化が生まれている。外出自粛により「今」の楽しさをアピールできなくなった中、目を向けたのが過去の体験の共有だ。企業のインフルエンサー施策を手掛けるサイバー・バズの担当者が、TikTok上で起きているコロナ禍のレトロブームを解説する。

令和に入り、昭和だけでなく平成までもがレトロブームの対象になっている。そんな中、TikTok上でも懐古トレンドが生まれているという。その理由とは(画像/Shutterstock)
令和に入り、昭和だけでなく平成までもがレトロブームの対象になっている。そんな中、TikTok上でも懐古トレンドが生まれているという。その理由とは(画像/Shutterstock)

 数年前からZ世代の若者の間では「エモい」という言葉が注目を集めています。最近ではさらに加速しており、このエモさを表現する波はTikTokでも急速に広がっています。なぜ今、TikTokでエモい投稿が人気を集めているのか、探ってみました。

 そもそも「エモい」とは、エモーショナルが由来ともいわれており(諸説あり)、共感、感動、切ない、懐かしい、ノスタルジックというような“うまく言葉に表せないけれど感情が動いたとき”に使われる若者言葉です。

 例えば、数年前から富士フイルムのレンズ付きフィルム「写ルンです」が盛り上がっているのも、この「エモい」という感情の発露だったと考えられます。若者は「エモい」をはやりのInstagramで表現したいと考えた結果、一番良い方法を探すと「写ルンです」で撮影した際の写真の粒度の粗さ、感光具合に突き当たったのです。わざわざフィルムカメラで撮影し、デジタル化し、SNSにアップする――。「エモさ」を求め、この手間をかけているのです。

「写ルンです」で撮った写真をデジタル化したものもInstagramなどのSNSではよく見られる。また、写ルンです風に加工できるアプリなども人気に
「写ルンです」で撮った写真をデジタル化したものもInstagramなどのSNSではよく見られる。また、写ルンです風に加工できるアプリなども人気に

なぜTikTokで「エモい」動画が広がったのか 3つの理由

 そんな「エモい」動画が今、一番あふれているのがTikTokです。増殖した理由は、大きく3つ考えられます。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
16
この記事をいいね!する