米ウォルト・ディズニーの動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」が日本を含むアジア太平洋地域(APAC)でコンテンツ拡大の動きを加速している。2021年2月に20世紀スタジオなどの映画を含む「スター」ブランドを追加すると発表。10月14日には、そのスターにTBS日曜劇場のドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』など日本のドラマもラインアップすることを明らかにした。スターの追加は“脱ディズニー”を印象付ける。その背景には、アジア市場の成長とそれを踏まえたディズニーのグローバル戦略がある。

(写真/Shutterstock)
世界的に契約者数を伸ばしている「Disney+」(写真/Shutterstock)
[画像のクリックで拡大表示]

 米ウォルト・ディズニーが今、注力しているのが「Disney+」である。消費者にダイレクトにコンテンツを届ける動画配信サービスとして北米で2019年11月にサービスを開始、日本には20年6月に上陸した。

 そのDisney+が今、日本を含むアジア太平洋地域(APAC)でのコンテンツ戦略を強化している。それが「スター」と呼ばれる新たなコンテンツブランドの投入だ。2021年2月に発表し、シンガポールを皮切りに、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、西欧などで順次展開。日本では、21年10月27日から提供を開始した。今後、1万6000を超える作品群を届けていくという。

Disney+は2021年10月27日から新たなコンテンツブランド「スター」を日本でも開始した(© 2021 Disney and its related entities)
Disney+は2021年10月27日から新たなコンテンツブランド「スター」を日本でも開始した(© 2021 Disney and its related entities)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでDisney+のコンテンツブランドは「ディズニー」「ピクサー」「マーベル」「スター・ウォーズ」「ナショナル ジオグラフィック」で構成され、いうなればディズニー色が強いものが多かった。これらに比べて、スターはより大人向け。ディズニー・テレビジョン・スタジオ、FXプロダクションズ、20世紀スタジオ、サーチライト・ピクチャーズなど、ディズニー傘下の制作スタジオの作品が中心だが、その中にはディズニー色にこだわらない作品群も多い。

 例えば、サーチライト・ピクチャーズの作品で、第93回アカデミー賞で作品賞などを受賞した『ノマドランド』、20世紀スタジオのヒット作『エイリアン』『タイタニック』『プラダを着た悪魔』などが含まれる。

 日本でも人気の海外ドラマもある。「ウォーキング・デッド」の完結編となるシーズン11はスターブランドの作品として独占配信が決まった。これもディズニーのパブリックイメージとは異なるものの、Disney+加入のきっかけを促すような強力作だ。

 さらに、APACのコンテンツ充実にも力を注ぐ。ウォルト・ディズニー・ジャパン(東京・港)のキャロル・チョイ社長が「ディズニーにとって重要な市場」と言い切るように、日本は戦略市場の1つ。日本市場に合わせたコンテンツにも焦点を当てており、スター初の日本のドラマとして、TBS日曜劇場のドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の配信がスタートした。松尾諭原作、仲野太賀主演の『拾われた男』やコミックを実写化した柳楽優弥主演の『ガンニバル』など、新作ドラマの制作・配信も予定している。

 チョイ社長は「スターの追加により、これまでにない幅と深さを持つゼネラル・エンターテインメント・コンテンツがラインアップに加わるほか、日本のトップクリエイターと協力して生み出すローカルコンテンツをお届けする」と述べた。

2021年10月14日に東京で開催したメディア・パートナー向けイベント「APAC コンテンツ・ショーケース」では、APACで制作される作品も含め、今後のラインアップを大々的に発表した(「APAC コンテンツ・ショーケース」© Disney)
2021年10月14日に東京で開催したメディア・パートナー向けイベント「APAC コンテンツ・ショーケース」では、APACで制作される作品も含め、今後のラインアップを大々的に発表した(「APAC コンテンツ・ショーケース」© Disney)
[画像のクリックで拡大表示]

世界でDisney+をけん引する「スター」

 こうした動きを見てみると、Disney+においてスターは“脱ディズニー”戦略とも見える。スターのコンテンツは、北米ではディズニー傘下にあるHuluで提供されているコンテンツ群に相当するもので、Disney+とはグループ内で差別化を図ってきた。だが、日本を含むAPAC市場では、あえてスターというブランドを立ててDisney+に取り込み、その力を借りる形で展開している。それはなぜか。

 理由として大きいのは、インドやインドネシアでのスターブランドの成功だ。そもそもスターというブランド名は、21世紀フォックスの子会社で、インド最大の動画配信サービス「Hotstar(ホットスター)」を運営するスター・インディアを19年に買収して引き継いだものに由来する。こうした経緯からインドでは現在もDisney+ではなく、「Disney+Hotstar」としてサービスを展開。もともと当地で市場をリードしていたサービスではあったが、他の国・地域では契約数シェアを奪われているNetflixに対しても5倍近く上回る2500万の会員数を獲得する大成功を収めている。

 Hotstarブランドはインドネシアの市場でも実績を上げている。20年9月にサービス開始したばかりにもかかわらず、英国のリサーチ会社Omdiaの予測では「Disney+Hotstar」のインドネシアの契約数シェアは21年末で3割近く。NetflixやAmazon Prime Videoをはるかに上回る数字だという。

 インド、インドネシアでの成功要因としてはモバイル通信事業者と組んだ低価格設定が大きい。それでも、有料動画配信サービスの市場規模で米国、中国に次ぐインドで成功した体験やインターネットが急速に普及している注目の市場インドネシアでの手応えはスターブランドの推進を後押しするものになった。

5年後はディズニーが市場トップの予測

 英国のリサーチ会社Digital TV Research社が21年10月に公表した最新調査結果「The SVOD Update report」では、Disney+の躍進が予測されている。5年後の26年にはDisney+の契約者は2億8420万件に上り、Netflixの2億7070万件、Amazon Primeの2億4340万件を抑えてトップに立つと見る。さらに、Disney+は、21~26年の間に契約者数を1億4000万件増やすと見て、そのけん引役にスターブランドを挙げた。26年のDisney+の契約者数のうち全体の約4割がアジアを中心としたHotstarブランド展開国で占めるとも予測している。

 スターブランドを含むDisney+の提供エリアは今も拡大中で、前述のシンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、西欧、日本に加え、11月12日には韓国、16日には香港でサービスを開始した。世界的にスターブランドを展開し、有料動画配信サービスで世界シェアトップのNetflixを追い抜かそうともくろむ。

2021年10月14日に開催したメディア・パートナー向けイベント「APAC コンテンツ・ショーケース」では、日本製コンテンツを大きく紹介。『拾われた男』からは出演する仲野太賀、伊藤沙莉、草彅剛、原作者の松尾諭らが登壇した(松尾諭 著「拾われた男」(文藝春秋刊)  装画 松尾諭)
2021年10月14日に開催したメディア・パートナー向けイベント「APAC コンテンツ・ショーケース」では、日本製コンテンツを大きく紹介。『拾われた男』からは出演する仲野太賀、伊藤沙莉、草彅剛、原作者の松尾諭らが登壇した(松尾諭 著「拾われた男」(文藝春秋刊)  装画 松尾諭)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で、同業者には冷静な見方もある。21年10月にフランス・カンヌで開催された世界最大級のコンテンツ見本市「MIPCOM」の講演に登壇したバイアコムCBSのシニア・バイス・プレジデント・コンテンツ戦略担当ダグラス・クレイグ氏の発言だ。バイアコムCBSの子会社であるパラマウント・ピクチャーズは21年3月、同社の動画配信サービス「CBSオールアクセス」を「Paramount+」としてリブランドしたばかりだ。

 「(Paramount+では)Disney+のように1つのプラットフォームに全てをかけようとは思っていない。顧客が加入したいと思うサービスを目指し、柔軟性を重視していく。そうすることによって、2番手、3番手、4番手に食い込むこめると思っている」

 Disney+との差別化を意識するとともに、“脱ディズニー”に向かうDisney+をやゆする発言でもあった。魅力的なコンテンツを多数抱き込み、サービスを巨大化させていくことは、競争が激しい動画配信サービス市場での1つの戦略。顧客目線においても、1つの動画配信サービスで様々なコンテンツを楽しめることは利点に違いない。その一方で、“脱ディズニー”の道を進むことは、ブランドとしての核やパブリックイメージを揺るがすことも否めない。日本市場においてディズニーの選択の効果がどのように表れるのか、見ものである。