「服 臭い」「鼻毛 処理」「iPhone テレビ見る」「エアコン 効きが悪い」など、ちょっと知りたい生活上の知恵をキーワード検索すると、その解決策が上位に表示されるサイトがある。パナソニックが運営するお困りごと解決メディア「UP LIFE」がそれだ。開設2年で約350本の記事を公開。アクセス20倍と急成長中だ。その狙いに迫る。

パナソニックが運営するお困りごと解決メディア「UP LIFE」
パナソニックが運営するお困りごと解決メディア「UP LIFE」

 「洗濯したばかりの服がなぜか臭う」「頻繁にクリーニングに出せない制服の臭いが気になる」――。そんなとき、あなたはどうするだろう? 手持ちのスマホから「服 臭い」といった検索ワードで解決策を調べてみるのが一つの手だ。

 実際に検索してみよう。「服 臭い」の検索結果ページでトップに表示されるのが「洗っても服が臭い原因とニオイを消す方法!すぐに洗えない服の対策も」という記事。「皮脂や汗に含まれるタンパク質などの汚れが衣類に蓄積されると雑菌が増えて臭くなる」といった原因の説明から、「高温多湿の洗濯機の中に汚れた衣類をためておかずにすぐ洗ってすぐに干す」「風呂の残り湯は『洗い』に使って『すすぎ』には使わない」「温水で洗濯する」といった洗濯時のひと工夫について解説。クリーニングに頻繁に出せない制服についても、「入浴後の浴室に干す」「消臭スプレーをかける」といった方法を紹介している。記事1本5000文字ほどのボリュームある内容だ。

 これはパナソニックが運営するオウンドメディア「UP LIFE」の記事。UP LIFEを運営する同社コンシューマーマーケティングジャパン本部エンゲージメントセンター オウンドメディア推進部 クラブパナソニック企画課の石井智大氏は、「一言で言い表すと『お困りごと解決型オウンドメディア』。食、健康、働き方・休み方、家族やペットとの絆まで、一人ひとりの人生に寄り添いながら、すぐに役立つ暮らしの情報、サービスを発信していく」とメディアコンセプトについて説明する。

 2018年に同社が創業100周年を迎えた際、前社長の津賀一宏氏(現会長)が、新ビジョンとして「くらしアップデート業」を掲げた。長らく家電メーカーと位置付けてきた自社の立ち位置から、より良い暮らし・より暮らしやすい社会を築くことを自社の存在意義と定義し直し、個々人が求めるものに最適化していくことを意味している。

 そこから構想し、暮らしに寄り添うブランディングの発信メディアとして19年9月に開設したのがこのUP LIFEだ。現在、「家事・くらし」「食・レシピ」「ペット」「防災」「空気」「子育て」「美容」「健康」「エンタメ」「防犯」「旅行」「睡眠」の12カテゴリーで、毎日の生活に役立つライフハック系、生活の知恵、Tips的な内容を記事として発信している。

 これまでパナソニックは、“お役立ち記事”的なものを発信してこなかったわけではない。ただ今までは「商品を買っていただくためのコミュニケーション、興味関心や購入意欲を喚起する情報発信に重きを置いていた」(石井氏)。例えば洗濯についてであれば、ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の違いやメリット・デメリット、洗濯機および乾燥機の設置スペースについて、おうちクリーニングコースで何が洗えるか? など、洗濯機の購入に前のめりなユーザーに向けた内容で、洗濯機の製品紹介ページ傘下のコンテンツとして記事公開していた。洗濯機カテゴリーに置く記事だけに、まず製品ありきで機能をアピールする内容になりがちだ。

 その点、UP LIFEは購入直前層に限らない広範なユーザーが直面しがちな“あるある”課題に寄り添う内容が中心。洗濯の話題であれば、前述の服の臭いを落とす洗い方から、洗濯表示の意味・見方、洗濯槽や糸くずフィルターのお手入れ方法といったノウハウ系の記事が並ぶ。

 以下は、21年8月、9月に閲覧回数が多かった記事のランキングだ。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
25
この記事をいいね!する