2021年6月に社長が交代し、楠見雄規氏が社長執行役員CEO(最高経営責任者)に就任したパナソニック。デザイン本部長の臼井重雄氏は同年4月、100年を超える歴史を持つ同社初となるデザイナー出身の執行役員に就いた。10月のグループ体制の変更を前に、今後のパナソニックのデザインについて臼井氏に聞いた。

臼井重雄氏「『人間中心・未来思考』をデザイナー主体のチームで主導していく」
「『人間中心・未来思考』をデザイナー主体のチームで主導していく」と話す臼井氏(写真提供/パナソニック)
臼井 重雄(うすい しげお)氏
パナソニック執行役員 デザイン担当
1990年松下電器産業入社。テレビ、洗濯機などのプロダクトデザインを手掛ける。2007年中国・上海に赴任しデザインセンター中国拠点長。17年パナソニック アプライアンス社のデザインセンター所長。19年デザイン本部長。21年より現職

――10月の組織体制の変更とは?

臼井重雄氏(以下、臼井) 21年10月1日からグループ体制が変わります。「くらし」領域で、家電を含むアプライアンス社などをまとめた、「くらし事業本部」を新設。同事業本部CEOには、アプライアンス社前社長の品田正弘が就きます。

――デザイン部門はどう変わる?

臼井 大きく2つの役割があります。1つは、デザイン本部はくらし事業本部の中に入ります。そのほか事業会社や社内分社などにもデザイナーが在籍しているので、デザイン本部が事業部のデザインを横串でコントロールします。もう1つは「コーポレート戦略・技術部門」で全社のデザインを担当します。私は会社全体のデザインの執行役員とデザイン本部長に加え、くらし事業本部のダイレクターカスタマーエクスペリエンス担当と、カスタマーエクスペリエンスチームのリーダーも兼務します。

2021年10月1日以降のパナソニックのグループ体制。デザイン担当の執行役員兼デザイン本部長の臼井重雄氏は、「くらし事業本部」のダイレクターカスタマーエクスペリエンス担当と、カスタマーエクスペリエンスチームのリーダーも兼務する
2021年10月1日以降のパナソニックのグループ体制。デザイン担当の執行役員兼デザイン本部長の臼井重雄氏は、「くらし事業本部」のダイレクターカスタマーエクスペリエンス担当と、カスタマーエクスペリエンスチームのリーダーも兼務する

顧客起点のBTCチームが誕生

――カスタマーエクスペリエンスチームとは?

臼井 くらし事業本部のデザイン本部内には、BTC(ビジネス、テクノロジー、クリエーション)チーム「FLUX(フラックス)」がありますが、カスタマーエクスペリエンスのチームは社長直下に配置され、くらし領域の経営により直結したBTCチームになります。FLUXは未来を起点にしていますが、カスタマーエクスペリエンスのチームは顧客体験が起点です。このチームは社内のキーパーソンが集まった専任集団で、30代前半から40代半ばまでの男女混成チーム。12人のうちデザインから4人が参画します。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
16
この記事をいいね!する