シャープのテレビといえば液晶の「AQUOS(アクオス)」が最強のブランド。ところが2020年5月に発売した初の4K有機ELテレビ「CQ1ライン」は、「AQUOSではない、シャープの有機ELテレビ」として投入されたことでも話題を呼んだ。さらに21年5月22日発売の4K有機ELテレビの新モデルでは、一転して「AQUOS」の名を冠することに。その背景と最新モデルについてシャープの担当者に聞いた。

「AQUOS」のシリーズ名を冠するシャープの4K有機ELテレビ「DS1」シリーズの65型モデル
「AQUOS」のシリーズ名を冠するシャープの4K有機ELテレビ「DS1」シリーズの65型モデル

CQ1ラインが好発進、有機ELテレビは「AQUOS OLED」に

 シャープ初の4K有機ELテレビ「CQ1ライン」の発売は20年5月。まず65型・55型を発売し、同年秋に48型のコンパクトモデルを追加した。

 3つのサイズがそろって存在感が増したのに加え、店頭での価格もこなれてきたこともあり、同社の調査では20年末に国内の月間販売台数シェアが1桁台から2桁台に伸びた。それ以降も「CQ1ラインの販売台数は当初予定よりも3割増で推移し、私たちの期待以上に良い成果を残せている」と、シャープ スマートディスプレイシステム事業本部 国内TV事業部 商品企画部 部長の鈴木正幸氏は振り返る。

シャープ スマートディスプレイシステム事業本部の鈴木正幸氏(写真左)と廣井健太郎氏(同右)
シャープ スマートディスプレイシステム事業本部の鈴木正幸氏(写真左)と廣井健太郎氏(同右)

 以前、CQ1ラインに「AQUOS」の名を付けなかった理由について鈴木氏は「AQUOSは液晶テレビのイメージがとても強いブランドなので、液晶と間違えて有機ELを購入される方がないようにするため」と答えていた。ところが実際にはCQ1ラインが有機ELテレビであることや、液晶テレビとの特徴の違いを理解したうえで「なぜAQUOSにしなかったのか」という質問が、顧客やショップのスタッフからも数多く寄せられたそうだ。

 これらを受け、シャープは自社の有機ELテレビに対する消費者の期待が高まり、一定の認知も獲得できたと判断。そこで第2世代に当たる新モデルから、有機ELテレビも「AQUOS OLED」のブランドで勝負するという決断に至った。

 今回の新モデルはCQ1の後継機に当たる「DQ1ライン」と、その上位に位置付けられる「DS1ライン」の2系統。それぞれ65型と55型のサイズを用意した。21年8月下旬の実勢価格はDS1の65型が36万円前後(税込み、以下同)、55型が25万円前後。DQ1の65型が32万円前後、55型が24万円前後になる。コンパクトな48型のCQ1ラインは販売を継続するため、シャープの4K有機ELテレビは全部で5機種が出そろったことになる。

「明るい有機ELテレビ」が生まれた

 シャープは新たに「AQUOS OLED」のロゴマークも作り、有機ELテレビの販売に勢いをつけようとしている。目を引くのはブランド活用だけではない。商品企画を担当するスマートディスプレイシステム事業本部 国内TV事業部 商品企画部 主任の廣井健太郎氏は「第2世代機のAQUOS OLEDは画質も大きく進化した」と自信を見せる。

「AQUOS OLED」の新ロゴマークを作成。今期のDS1/DQ1ラインからこのロゴを徹底的に推していくという
「AQUOS OLED」の新ロゴマークを作成。今期のDS1/DQ1ラインからこのロゴを徹底的に推していくという

 液晶と有機ELでは、パネルの発光原理が異なる。バックライトを備える液晶テレビは明るく色鮮やかな映像の再現力にたけている。一方、自発光型の有機ELテレビは素子の発光を制御することで、「深い黒、きらめくような明部」による高いコントラスト感に加え、淡い中間階調を描き出せるのが魅力。廣井氏によると、今回のAQUOS OLEDは「明るく色鮮やかで、黒も引き締まる」、つまり液晶の特徴も兼ね備えた有機ELテレビなのだという。

 新しいDS1/DQ1ラインには、有機ELパネルの実力を最大限まで引き出す新開発の映像エンジン「Medalist S2」が搭載されている。シャープの8K液晶AQUOSには、本来8K解像度に満たない映像もアップコンバージョンにより8K化して、高精細に表示する技術がある。このアルゴリズムをベースに、通常のデジタル放送を精細感豊かに再現する「4K超解像アップコンバート」としてAQUOS OLEDに応用した。

 実際にAQUOS OLEDに加わる2つの新製品と、旧機種のCQ1ラインを並べて見比べてみた。自然な色合いときめ細かな階調表現は、明らかに新しいモデルに軍配が上がる。明暗差のあるHDR(ハイダイナミックレンジ)映像のバランスを最適化する「スマート アクティブ コントラスト」や、豊かな色再現性を引き出す「リッチカラーテクノロジープロ」などシャープが得意とする映像の高画質化技術が「液晶の特徴を併せ持つ有機ELテレビ」のキャラクターを存分に引き出している。

 また上位のDS1には、さらに一歩踏み込んだ独自のチューニングを加えた高輝度「S-Brightパネル」を搭載している。輝度性能に優れた発光素子を使い、発光時に発生する熱も有機ELパネルの背面に貼り合わせたアルミプレートで効率よく放熱する。発光輝度を高めながら最適な熱処理を行うこの構造により、パネルの良好な特性を引き出す。

 シャープではこの独自技術を「Sparkling Drive Plus(スパークリング ドライブ プラス)」と名付け、Medalist S2エンジンに組み込んだ。これにより上位のDS1ではDQ1をしのぐ明暗と色彩の表現力を実現している。シネマ画質の有機ELテレビにこだわるなら、迷わずDS1を選ぶべきだ。

AQUOS OLEDの画質をチェック。写真左側がDS1、同右側がDQ1。共に55型モデル
AQUOS OLEDの画質をチェック。写真左側がDS1、同右側がDQ1。共に55型モデル

コロナ禍でも役立つ機能を搭載するAQUOS OLED

 AQUOS OLEDにはコロナ禍の暮らしに役立つ機能も盛り込まれた。その1つは音楽コンテンツにライブ会場で聴いているような臨場感を加えて再現するイコライザー機能「音楽ライブ」モードだ。

 廣井氏によると「コロナ禍で音楽ライブコンテンツの視聴が伸び、多くのユーザーから音楽コンテンツをテレビで楽しむのに、もっといい音で聴きたいという声が寄せられた」とのこと。こうした実情も、新機能搭載を後押しした一因だ。

臨場感あふれる音楽コンテンツの再生のために「音楽ライブ」モードを搭載した
臨場感あふれる音楽コンテンツの再生のために「音楽ライブ」モードを搭載した

 AQUOS OLEDには聞き取りやすく臨場感に富んだサウンドを再現するため、高域用のツイーターユニットと、ミドルレンジスピーカーの開口部を正面に向けた、独自の「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS(フロント オープン サウンド システム プラス)」が採用されている。上位のDS1はさらに力強い低音再生を実現するため、背面にサブウーファーを設けた。シャープのオフィスで視聴したDS1のサウンドからは、まるでホールにいるような音の広がりと肉厚な重低音のインパクトが感じられた。音楽ライブモードをオンにすると中高域の音がいっそう伸びやかになり、音に包まれるような感覚を味わえる。

 DS1/DQ1はともにAndroid TVを搭載するスマートテレビだ。マイクを内蔵するリモコンに話しかけてGoogleアシスタントを起動すると、チャンネルの選局、音量調整、外付けHDDに録画した番組の再生などが音声で操作できる。

 DS1にはテレビ本体にも常時スタンバイ状態のマイクを内蔵した。リモコンボタンに触れなくても、声だけで主な操作が可能だ。今後は「衛生対策という観点からも、一歩先を行くテレビとしてAQUOS OLEDをアピールしたい」と廣井氏は意気込む。

DS1ラインは本体正面、ベゼルの下側にマイクを乗せて音声コマンドをピックアップする
DS1ラインは本体正面、ベゼルの下側にマイクを乗せて音声コマンドをピックアップする
液晶AQUOSで培ったノウハウは画(え)作りだけではない。AIとIoTの技術を生かし、ホームネットワークにつながるシャープのスマート家電をテレビの画面でモニタリングできる「COCORO HOME」のサービスにも対応する点が大きな強みでもある
液晶AQUOSで培ったノウハウは画(え)作りだけではない。AIとIoTの技術を生かし、ホームネットワークにつながるシャープのスマート家電をテレビの画面でモニタリングできる「COCORO HOME」のサービスにも対応する点が大きな強みでもある

 シャープはAQUOSシリーズの誕生から今日まで20年の間、累計で約5000万台のテレビを販売してきた。日本国内で11年に地上アナログ放送停波が完了してから、21年で10年の節目を迎えた。一般にテレビの買い替えサイクルは9~10年前後といわれているが、最強のブランド名を冠したシャープのAQUOS OLEDが「明るい有機ELテレビ」という看板を引っさげて、先行するメーカーとのシェア争いにどこまで割って入ることができるのか注目したい。

(写真/山本 敦 写真提供/シャープ)

6
この記事をいいね!する