アイリスオーヤマ(仙台市)で売り上げ全体の58%を占めるのが家電事業だ。コロナ禍でエアコン、照明、サーキュレーターなどほぼ全ての商品が売り上げを伸ばし、2021年12月期は前年比32%増の売上高を見込む。売れる商品を生む秘訣をBtoCメーカー事業本部 事業企画室 室長の勝間浩之氏に聞いた。

BtoCメーカー事業本部 事業企画室 室長の勝間浩之氏
BtoCメーカー事業本部 事業企画室 室長の勝間浩之氏

――2020年は売上高が前年比32%増(20年12月期)、21年も前年比32%増を見込むなど売れ行きが好調です。どんな商品がヒットしていますか。

 コロナ禍により自宅で過ごす時間が増える中、調理家電の伸びが顕著でした。電気圧力鍋、低温調理器、トースター、炊飯器とほぼ全ての商品が好調でしたが、特筆すべきなのは、これまであまり普及率の高くなかった商品の伸び率が一段と高い点です。電気圧力鍋や低温調理器など、ひと手間かけて調理する商品がよく売れました。

 また、コロナ禍前には気にしていなかった空気環境を清潔にするための家電として空気清浄機や、空気を循環させるサーキュレーター、もしくはサーキュレーターの機能を持った扇風機なども売れ行きが好調でした。換気や空気清浄のための家電を1部屋に1台備える文化が間違いなく浸透しています。

 このほか、掃除機など清掃のカテゴリーや、テレワークに合わせた照明機器なども売れています。

コロナ禍で売れた家電の一部(写真提供/アイリスオーヤマ)
コロナ禍で売れた家電の一部(写真提供/アイリスオーヤマ)

――アイリスオーヤマでは発売後3年以内の製品を「新製品」と定義し、新製品比率の目標を50%以上に据えています。また、会社全体で年間1000点以上の新しい商品を発売していますが、コロナ禍で家電製品の開発に変化はありましたか。

 コロナ禍だから特段新しい商品の数が増えたということはありません。ただ、当社は生活者の不満や課題を解決する商品の開発を使命としています。コロナ禍という有事に、課題解決のスピードアップは使命として全部門が意識していました。

 また、コロナ禍という大きな生活の変化に合わせた提案は増えました。例えば、リモートワーク中に書斎で手軽に使えるハンディータイプのクリーナーや、スマホやモバイルバッテリーを充電できるUSBポート付きのデスクライト、あるいは家族で料理を楽しめる調理家電など、数えきれないほどの提案が商品化されています。


アイリスオーヤマ・大山晃弘社長が登壇!
「日経クロストレンドFORUM 2021」

アイリスオーヤマ・大山晃弘社長が、7月13、14日に行われる「日経クロストレンド FORUM 2021」に登壇し、“コロナ禍での強さの理由”について語ります! オンラインでの講演なので、どなたでもご視聴が可能です(無料登録制・先着順)。
お申し込みはこちらから!

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
10
この記事をいいね!する