25歳前後よりも若いZ世代の多くが、いち推しのメンバーなどの「推(お)し」がいると回答しています。ライブイベントが軒並み中止になる中、自宅でも「推し活」「オタ活」に励んでおり、新たなトレンドも生まれています。Z世代を研究するZ総研のトレンド分析担当が、アンケートとヒアリングから推し活の新潮流に迫った。

今回は、コロナ禍の「推し活」「オタ活」事情を調査。アンケートに加え、2人のZ世代にも直撃して生の声を聞き出した
今回は、コロナ禍の「推し活」「オタ活」事情を調査。アンケートに加え、2人のZ世代にも直撃して生の声を聞き出した

 「推し事」「推し活」「オタ活」といった言葉を聞いたことはありますか?

 これらの言葉はどれも推し(いち推しのメンバーを略した言葉)を応援する、オタク活動をすることを指します。好きなアイドルを応援したり、アニメキャラクターのグッズを買ったり、お気に入りのYouTuberの動画を見たり……。今やオタ活の幅は広く、推しの幅もこれまでに比べると非常に広範になりました。

 Z世代と呼ばれる25歳前後までの若者の多くには何かしらの推しがおり、オタ活に励んでいるといわれています。私たちで実施したZ世代を対象にしたアンケートでは、9割近くが「いる」と答えています。

Z総研が抱えるリアルZ世代コミュニティーに所属するメンバーにアンケートを実施(調査時期:2020年11月7~13日、調査方法:インターネット調査、調査対象:全国、12~15歳116人、16~18歳157人、19~22歳43人、23~25歳8人、計女324人
Z総研が抱えるリアルZ世代コミュニティーに所属するメンバーにアンケートを実施(調査時期:2020年11月7~13日、調査方法:インターネット調査、調査対象:全国、12~15歳116人、16~18歳157人、19~22歳43人、23~25歳8人、計女324人

 しかし、今はコロナ禍。コンサートに行くことはもちろん、ファン同士で交流することもできません。リアルなイベントがない中、Z世代はどのようにしてオタ活を楽しんでいるのでしょうか。

 「最近、推し○○という推しグッズ作りが流行していて、自分でも実際に推しグラスを作りました。他にも、トレカ(トレーディングカードの略)ケースデコをやったりもしました」(23歳女性)。そんな声もあるように、このコロナ禍では、推しグッズ作りがトレンドとなっています。

Z総研調べ(Nomdeplume【ノンデプルーム】のインスタグラムアカウントで、ストーリー機能を用いてアンケートを実施)
Z総研調べ(Nomdeplume【ノンデプルーム】のインスタグラムアカウントで、ストーリー機能を用いてアンケートを実施)

「推しグラス」「トレカケースデコ」で自宅オタ活

 アンケートによれば、ライブで使う人が多いうちわやいつも身に着けるキーホルダーなどの王道グッズに並んで、先ほど登場した「推しグラス」が4位に入りました。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
11
この記事をいいね!する