9歳以下の子供を持つ家庭の8割が閲覧しているという親子のお出かけ情報サイト「いこーよ」は、コロナ禍でユニークユーザー数(UB)が700万人から400万人に激減した。運営するアクトインディ(東京・品川)は危機的状況下でアプリの会員増に注力。コアな顧客の囲い込みを狙う。

「いこーよ」では、子供とのお出かけ情報を扱っている。写真は21年4月に開催したイベント「6歳になったら机を作ろう」の写真
「いこーよ」では、子供とのお出かけ情報を扱っている。写真は21年4月に開催したイベント「6歳になったら机を作ろう」の写真

 「サイト利用者はコロナ禍で激減したが、スマホアプリは利用率が落ちなかった」。こう説明するのは、子供とのお出かけ情報サイト「いこーよ」を運営するアクトインディ(東京・品川)の下元敬道社長だ。

 「いこーよ」は、全国の親子向け施設や遊び場、イベントなど8万5000件の情報を掲載している。2008年のリリース以来、右肩上がりにユーザー数を増やしてきた。下元社長はデジタルマーケティングを手がける広告会社のアイレップ出身。SEO(検索エンジン最適化)対策のみで集客に成功し、19年にはUBが月平均700万人に達していたという。

 しかし、20年春、新型コロナウイルス感染症拡大で緊急事態宣言が発出されるとUBは激減。月平均400万人へと落ち込んだ。「いこーよ」は、サイトの広告収入で成り立っている。広告主の6割がお出かけ施設のため、広告減で売上高は半減し、危機的状況に陥った。

「いこーよ」では親子向け施設やイベントなど8万5000件の情報を紹介している
「いこーよ」では親子向け施設やイベントなど8万5000件の情報を紹介している

 一方で、16年7月にローンチした後、特にプロモーションをしてこなかったスマホ用のアプリは、コロナ禍という状況下でも利用率が高く、多くのユーザーがアウトドア系のイベントなどを探していたという。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
1
この記事をいいね!する