米サンフランシスコのファッションスタートアップのテーラー(Taelor)は2021年2月、シャツを中心とした洋服レンタルのサブスクリプションサービスを開始した。男性向けと環境配慮のレンタルにフォーカスすることで、ファッションサブスクで先行する米スティッチ・フィックスと異なるセグメントを攻略する。

(出所/米テーラー)
(出所/米テーラー)

 「野心家で忙しいけど、ファッションを追いかけることには興味がないような男性がターゲット。レンタルとリセールのサーキュラーファッションで若者など環境に敏感な層にも利用してもらいたい」

 米サンフランシスコのスタートアップ、テーラー(Taelor)の創業者アンヤ・チェン氏は洋服レンタルを起業した背景をこう説明する。

テーラーのサービスは月59.99ドルのサブスクリプションで、4アイテムを2週間、月2回利用できる(出所/米テーラー)
テーラーのサービスは月59.99ドルのサブスクリプションで、4アイテムを2週間、月2回利用できる(出所/米テーラー)

 テーラーのレンタルサービスは月に2回、シャツ4枚が専用のボックスに入って顧客に送られてくる。顧客は送られてきたシャツを最大で2週間利用できる。そのまま箱に入れて返却すると、次の箱が送られてくる。自分で洗濯したり、クリーニングしたりする必要はない。「多忙で時間がない男性にぴったりだ」(チェン氏)。

 利用料金は月額のサブスクリプションで59.99ドルだ。日本円に換算すると約6500円であり、ユニクロでシャツを2枚買う感覚だ。年間8万円弱で、クリーニングのコストも必要ない。現在は本格サービスの前段階で、2021年4月から米国内の顧客にサイズを「M」に絞ってサービスを提供している。

男性×レンタルで新市場開拓を狙う

 米国では女性向けの洋服のレンタルや販売のサブスクサービスが急成長している。レンタルの米レント・ザ・ランウェイはユニコーン企業(評価額10億ドル以上の未上場企業)となり、サブスク型の販売を手がける米スティッチ・フィックスは年間の売上高が2000億円規模となった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>