コロナ禍で訪日外国人客が激減し、苦境に立たされている国内のホテル・観光業界。とりわけインバウンド比率の高い大阪や京都では、ホテルの倒産、廃業が相次ぐ。だがその一方で新規開業も続いている。2021年3月16日には、京都市にフランスの高級食料品店が手がける「フォションホテル京都」、大阪市にはマリオット・インターナショナルが展開する「W大阪」が開業。いずれも日本初上陸だが、勝算はあるのか。

旧サンルート京都をリノベーションした「フォションホテル京都」。館内はブランドカラーであるフォションピンクと白、黒、金の組み合わせを基調に、パリと京都の対比と融合を表現したラグジュアリーでモダンな空間が広がる
旧サンルート京都をリノベーションした「フォションホテル京都」。館内はブランドカラーであるフォションピンクと白、黒、金の組み合わせを基調に、パリと京都の対比と融合を表現したラグジュアリーでモダンな空間が広がる

パリと京都を対比、融合した「フォションホテル」

 京都市の中心市街地、四条河原町から徒歩約10分の河原町通り沿いに、地上10階建てで落ち着いたうぐいす色のホテルが建つ。2021年3月16日に開業したパリ発のスモールラグジュアリーホテル「フォションホテル京都」だ。1階には紅茶とスイーツで根強い人気がある「フォション」の直営店があり、フランス直輸入のマカロンやオリジナルシャンパンを買える。日本での独占販売権を有する高島屋以外でフォション製品を買えるのはここだけだ。

1階の「ペストリー&ブティックフォション」では、パリ直輸入のマカロンやオリジナルシャンパン、限定紅茶などを販売。イートインスペースも併設している
1階の「ペストリー&ブティックフォション」では、パリ直輸入のマカロンやオリジナルシャンパン、限定紅茶などを販売。イートインスペースも併設している

 フォションは1886年、フランス・パリのマドレーヌ広場に高級食料品店として創業。2006年からはオーナーである中東の実業家が経営を手がけ、世界50拠点に店舗を展開している。18年にはホテル事業に参入し、パリのマドレーヌ広場にカフェ併設の「フォション ロテル パリ」を開業。日本初のフォションホテルは、不動産ファンドのウェルス・マネジメントが旧サンルート京都を取得し、リノベーションした物件だ。

 グローバルで展開するフォションが、世界で2軒目の出店地として京都を選んだのは、両都市が密接な関係にあり、共通点が多いから。パリと京都市は1958年に姉妹都市提携を締結している。歴史的背景や地理的条件が似ているうえ、茶文化や食文化の発展をけん引してきた。「これらの共通点をホスピタリティーとサービスにちりばめ、ここにしかないオンリーワンのホテルをつくることをコンセプトの根底に置いた」と、ウェルス・マネジメント傘下でホテルを運営するホテルWマネジメント(東京・港)の近持淳社長は話す。

 コンセプトは「フォション ミーツ キョート フィール パリ(Fauchon Meets Kyoto. feel Paris.)」。館内の至る所で、パリと京都の対比と融合を表現し、美食ホテルならではのサービスを充実させた。レセプションでのおもてなしやティーサロンのアフタヌーンティーセットなど、欧州のラグジュアリーを具現化しているのが特徴だ。

4~9階の客室は全59室。7階以上の高層階で東山の眺望を楽しめるデラックス東山ビュータイプは2人1室朝食付きで8万6800円~(税・サービス料込み)。全室に設置されたグルメバーには、自慢のスイーツやペストリー、紅茶が用意されている
4~9階の客室は全59室。7階以上の高層階で東山の眺望を楽しめるデラックス東山ビュータイプは2人1室朝食付きで8万6800円~(税・サービス料込み)。全室に設置されたグルメバーには、自慢のスイーツやペストリー、紅茶が用意されている

 東山を一望できる高層階のクラシックルームや最上級のプレステージスイートを含め、客室は全59室。35平方メートル以上の広さを誇り、全室に女性好みのシャンパンピンクに輝くグルメバーが設置されている。フォションブランドとして世界初となるスパも開設。東山や鴨川を望む10階のレストランでは、パリ直伝のレシピをもとに京都の食材を多用したフレンチを、2階ティーサロンではフォションならではのアフタヌーンティーを堪能できる。宿泊料金は6万~9万円。

 フォションホテルは、今後、全世界に20棟を計画。日本国内では、首都圏に1棟を開業する予定だ。

最上階の10階にはレセプションとレストラン&バーがある。「レストラン グランカフェ フォション」(52席)では、東山を望みながら、美食ホテルならではの料理を堪能できる
最上階の10階にはレセプションとレストラン&バーがある。「レストラン グランカフェ フォション」(52席)では、東山を望みながら、美食ホテルならではの料理を堪能できる
フォションブランド初のスパ施設「ル スパ フォション」。施術室のフロアはフォションピンクに染めた畳を使用し、トリートメントメニューやプロダクトもオリジナルを開発
フォションブランド初のスパ施設「ル スパ フォション」。施術室のフロアはフォションピンクに染めた畳を使用し、トリートメントメニューやプロダクトもオリジナルを開発
パリのレシピと京都の食材を融合したシグネチャーメニューの「フォションホテル京都サラダ」。サーモン、チキン、ベーコン、野菜の上にビーツで染めたポーチドエッグがのっている
パリのレシピと京都の食材を融合したシグネチャーメニューの「フォションホテル京都サラダ」。サーモン、チキン、ベーコン、野菜の上にビーツで染めたポーチドエッグがのっている