日経クロストレンドは、技術、マーケティング、消費3分野の最新潮流を把握すべく、「将来性」と「現時点での経済インパクト」の2軸でマッピングした「トレンドマップ 2021上半期」を作成した。新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、急浮上した最新キーワードとは?

トレンドマップ調査は2018年夏から半年に1回実施しており、今回で6回目(写真/Shutterstock)
トレンドマップ調査は2018年夏から半年に1回実施しており、今回で6回目(写真/Shutterstock)

 「トレンドマップ2021上半期」は、日経クロストレンドのメディア活動で協力を得る約50人のアドバイザリーボードのメンバーに加えて、日経クロストレンド、日経トレンディ編集部員へのアンケートを2021年2月後半から3月上旬に実施して作成した。

「トレンドマップ 2021上半期」関連記事
【総論・技術キーワード編】
21年のマーケ・消費・技術トレンドは? 全85キーワード指標調査 ←今回はココ
【マーケティングキーワード編】
伸びるマーケ分野は脱クッキーとSDGs 音声SNSは弱含み【調査】
【消費キーワード編】
消費の軸が変わるか サステナブル、エシカルが急浮上【調査】

 編集部が選定した技術28キーワード、マーケティング29キーワード、消費28キーワードそれぞれを認知する人に、そのキーワードの現時点での「経済インパクト」と「将来性」を5段階で尋ね、1~5点でスコアリングしたものだ(選択肢名など、詳細は記事最後に掲載)。トレンドマップは右にいくほど経済インパクトが大きく、上にいくほど将来性が高いことを示す。

 前回調査(トレンドマップ2020夏)は、20年8月に行った。その後、年末にかけて新型コロナの感染者は再拡大し、首都圏を中心として2度目の緊急事態宣言が発令されるに至った。今回の調査はその最中に行った。

 では、調査結果を見ていこう。今回、将来性スコアが最も伸びたのは、技術では「量子コンピューター」「電気自動車(EV)」、マーケティングでは「SDGs(持続可能な開発目標)」「D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)」「クラウドファンディング」、消費では「マルチハビテーション(複数拠点に住まいを持つ)」「サステナブル消費」となった。

 また、同じく経済インパクトでは、技術は「コンタクトレス・テクノロジー」「電気自動車(EV)」、マーケティングは「動画マーケティング」「ダイナミックプライシング」、消費は「クラウドゲーム」「ワーケーション(ワーク×バケーション)」が、スコアを伸ばした。

各分野でスコアを伸ばしたキーワード(2020夏調査との比較)
各分野でスコアを伸ばしたキーワード(2020夏調査との比較)
各分野でスコアを落としたキーワード(2020夏調査との比較)
各分野でスコアを落としたキーワード(2020夏調査との比較)

 今回の調査から新たに追加したのは、下記の5つのキーワードだ。これらの中で、将来性スコアが比較的高かったのは、技術の「カーボンニュートラル(温暖化ガスの排出量実質ゼロ)」「エドテック(教育×テクノロジー)」、マーケティングの「クッキー代替技術」、消費の「サーキュラーエコノミー(循環型経済)」となった。

新たに追加したキーワードの将来性スコア
新たに追加したキーワードの将来性スコア